イナズマ400の保管場所としてバイクガレージを検討そして購入しました。

イナズマ400の写真

どうも、でかじよーです。


ひょんなことからイナズマ400と出会い、約15年ぶりにリターンライダーとなりました。(この記事を書いているときはまだ納車していません。)


一目ぼれをしたいきおいでイナズマこといなちゃんを買ってしまったのですが、買った後で問題となったのは保管場所です!


私のうちのの周辺は、田んぼしかないような超都会にあります(笑)。それでも昼間はそれなりに車も人も通るのですが、夜は真っ暗でとても静かな場所なんです。


私がバイクガレージを設置した理由、ここまで書いたらわかりますよね。


…そう、バイクの盗難防止です。


最初はカバーチェーンロックだけでもいいかなっと思っていたのですが、周りでバイクに乗っている方から話を聞いてみると、カバー+チェーンロックでも盗難にあったり(最近はユニックで来て吊って持っていくそうですよ)、盗難こそされなくても鍵穴が壊されたり、はたまた意味もなくバイク倒されていたりしたことがあったそうです。


そんな話を聞いたので、だったら昔バイクに乗っていた時からの憧れだったバイク用のガレージがあったらいいなってことで、ちょっと検討してみました。




バイクガレージの検討


メーカー

せっかくガレージを建てるなら、こんぐらいお洒落なやつにしよう!っと、いろいろネットとかホームセンターで見て回ったのですが…


すげぇたけぇー!!(;゚Д゚)


上の写真はデイトナってメーカーのものなんですが、一番小さいサイズでも約60万円。(ちなみにデイトナのガレージはイナバがベースらしいですよ!)


私の欲しいサイズだと、工賃あわせると軽自動車ターボ付きが買えそうな価格になりそうです…。


これは、とてもじゃないけど、買えんばい…。


っていうか、このガレージ建てる金額でイナズマ400が何台買えることか…。


なので欲しいサイズと価格から考えて、イナバ製のものが候補となりました。


イナバのものは見た目がちょっと無骨でさびしい気がしますが、イナバのガレージをカスタムしている画像なんかを見ていると、ちょっとおもしろそう!って思えてきます。



タイプ

メーカーが決まったら今度は、土間タイプにするか床タイプにするかの検討です。


土間タイプは柱を埋設したり基礎工事が必要だったりと工事費が高くなりますが、本体の価格が安く、入口に段差もないのでバイクの出し入れは簡単です。


ただ固定資産税が高くなるらしいです…。



床付きは、本体の価格が高くなるのと入口に段差が出来ることがネックですが、工事費も安く物置と同じ扱いなので固定資産税は高くならないのがメリットです。


これは設置場所の問題とか好みの問題とかあると思いますが、カタログを見て私はすぐに土間タイプがいいって思いました!


っというのもイナズマ400は乾燥重量で185Kg、多分ガソリンやらオイルやらを含めると220Kg近くになるでしょう…。


そんな重力級のイナズマに乗るたびにスロープを超えなければならないのは、とってもイヤだからです!!



ガレージ寸法

タイプの次は、寸法です。


イナバの土間タイプガレージの横幅設定は…

・1370mm
・1790mm
・2210mm
・2630mm

の4種類です。


この幅はどうするか本当に悩みました…。


というのも…


うちでガレージが建てられそうな場所がふたつあり、片方は希望の幅ではないが価格が安い、もう一方が希望の幅だが金額が高くなる、究極の2択問題だったからです。



こちらがひとつめの設置予定場所。


物置と自転車をどかせばきれいに収まりそうですが…オール電化用の給湯器のタンク等があるため横幅があまり取れず、ここには1790mmの幅のものしかおけません。



もう一つの設置候補場所がこちら。


ここは横幅が2300mmあるので、2210mmがギリギリ入ります。


ただ、こちら側の最大ネックは…



ブロックやら芝生を整地(コンクリートを流す)をしなければならないことです!


正直、幅についてはガレージ内でバイクメンテナンスをすることを考えて、最低でもバイク2台分を置ける

1790mmで安く建てるか…高いけど2210mmで土間のコンクリート部分を増やすか…(-_-;)


ちなみに見積もり金額は、

1790mmの幅だと土間工賃込みで365,000円
2210mmで整地込みで630,000円

2倍近く金額が変わります。


整地工賃が210,000円するので、単純にその分が増えている計算となります。


またガレージの奥行はどちらに設置するにしても最大長さの3470mmが前提となっています。


高さはスタンダードとハイルーフ設定がありましたが、スタンダードを選択しています。





まとめ


で、最終的にどちらを選択したかというと…


金額が高いけど、2210mmが設置出来る方を選びました!


イナバの型式でいうと、FXN2234Sというモデルになります。


これは嫁ちゃんとの相談の結果で…

・2210mmを設置する場所は西側なんですが、西日にいつも悩まされていたので西日よけにもなるだろうってこと。

・最近、夫婦共に芝刈りがめんどくさくなってきていたので、芝刈りする面積が減っていいんじゃないかということ。

・2210mm側は道路のためお隣さんがいないため、音をそんなに気にしなくてもいいこと

などのことを考えて最終的に決めました。


それに、最終的には自分の本当に欲しいサイズのほうが絶対に後悔しないだろうってことが最大の決め手となりました。
価格を抑えてあとでやっぱり…なんて不満をいっても、もうサイズは大きくならないからね♪


っというわけで、バイクガレージを検討したら購入してしまったハナシでした。


イナズマの納車が2018年3月31日予定なんで、この日までにガレージの設置が完了する予定です!


完成したらまた報告したいと思います。


ではでは、また。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿