グロムのエアフィルターを交換したよ。(SP武川製)

グロム エアフィルター SP武川


スポンサーリンク


あったかくなってきたので走る準備をしていくよ。


グロム遊びのオンシーズンが近づいてきたので、今回は汚れているエアフィルターを交換していきます。

SP武川

購入したのは、純正交換タイプだけど吸気効率がアップするSP武川のものです。


うちのグロムちゃんはサーキット専用車なので、ボックスごと外してパワーフィルターとかにしちゃってもいいのですが、まだサブコン入れたりとかまではしなくてもいいかな?と思っているので、これを選びました。

フィルターが2枚ある

フィルターは細目と粗目の2枚入っています。

もちろん粗目一択
8本のビスを外す

自分はよりパワーが出せるように、フィルターを粗目に変更しました。


細目のフィルターは、息子が免許を取って公道を走る(日が来るかは不明だが…)用に保管しておきます。

エアクリーナーBOX

エアクリーナーボックスの8本のビスを外してカバーを開け、フィルターを取り外します。

並べてみた

純正とSP武川製を並べて比べてみると、空気吸い込み口の面積がまったく違うのがわかります(*゚▽゚*)ワクワク

この赤いのが目に入らぬか

そして、新しいフィルター取り付け後にちらっと見える赤色がカッコいい!


エアフィルターを交換したら、CPUリセットをします。

サービスチェックカプラー

リセット方法は、まずメインキーをOFFのままシート下の車体左側にある赤いコネクタが付いたサービスチェックカプラーの青線と緑/黒線を直結します。

荒業

本当は棒端子が付いた配線で接続するのがいいんでしょうが、自分は買いに行くのがめんどくさかったので、細いドライバーをカプラーに刺して、そのドライバー同士をクリップで直結させました。


次に、アクセル全開のままメインスイッチをオンにします。


PGM-FI警光灯が点灯、その後速い点滅となったらアクセルを5秒以内に閉じます。


約3秒ほど経つとゆっくりとした点滅になり、これでリセットは完了です。


最後にメインキーをOFFにして、直結を解除します。




まとめ。

お着換えタイム

エアフィルターを交換後に、いつものサーキットに行ってきました。

この日は次男坊も走った

純正状態と比べて、あきらかにパワーがアップしているのが感じられました…特に高回転域が!

嫁ちゃんが苦手な左コーナー

吸気音もかなり大きくなって、スロットルを開けていくのがめっちゃ楽しい♪


ただ、スロットルを戻した時に、サイレンサーからパンパンとアフターファイヤー(ガスが薄い)していたので、もうちょっと抜けのいいマフラーの交換が必要そうです!


ではでは、また。


スポンサーリンク。


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。