グロムのリアのハブベアリングとスプロケットベアリングを交換したよ。

グロム ホイールベアリング ハブベアリング


スポンサーリンク


次はベアリング交換をしていくよ。

YSSのリアショックに交換

YSSのリアショックに交換した話の続きです。


リア周りをせっかくバラバラにしているので、プチレストアの時にサビが気になっていたスプロケットのベアリングとハブベアリングを交換していきます。

パーツリストより抜粋

準備したのは上の赤丸の部品です。


・ハブベアリング(NTN製91053-KWB-601)×2個
・スプロケット側ベアリング(NTN製91053-MV1-003)×1個


ホンダ純正で購入すると高いのでモノタロウで注文したほうがいいです。


・ハブ側ダストシール(90753-051-003)×1個


・スプロケット側ダストシール(91252-KGH-901)×1個


・アクスルディスタンスカラー(42620-K26-900)

ダストシールとカラーもモノタロウの方が安いのですが、個人販売不可(法人のみ可)なので自分は楽天で買いました…。


アクスルディスタンスカラーは交換必須ではありませんが、ベアリングをアンカーボルトで抜くんだったら準備しておいた方がいいと思います。




ベアリング交換。

ホイールはこの状態で待機してた
スプロケット側ベアリング

まずは比較的に作業が簡単なスプロケット側ベアリングから交換していきます。

きちゃない
カッチカチやで

まずはダストシールを外します。


経年劣化ですごく固くなっていました。

ラチェットのコマで叩くの図

ダストシールを外したら反対にひっくり返して、裏からベアリングを叩いて落とします。

年季を感じるベアリング

そういえば、グロムはベアリングの抜け防止のスリップリングが入ってないんだなーとこの時に気付きました。

この後パーツクリーナーでめっちゃ磨いた
ぴっかぴかやで

古いベアリングが抜けたら表側に向きを変えて、新しいベアリングを入れていきます。

これはゼファーで作業した時の写真

ベアリングを入れる時は、ラチェットのコマで内輪だけを叩きます。(シール部分を叩くと回転不良になる)


またベアリングが叩く時の音が変わったら底付きの合図なので、それ以上は叩かないようにしてください。


ベアリングが入ったらグリスをたっぷり塗ってからオイルシールを取り付けします。(写真撮り忘れた)

M12のコンクリートアンカー
こーやって使う

続いてハブベアリングを交換していきます。


ベアリングはホイールの左右に入っていて、スプロケット側ベアリングのように反対から叩いて押し出すことが出来ないので、M12のコンクリートアンカーを使います。

ここもパーツクリーナーできれいにしたよ

コンクリートアンカーをベアリングの中で展開させてしっかりと固定出来たら、ホイールをひっくり返して叩いていきます。

カラーも一緒にくっついてくるよ

カラーを事前に準備した理由は、この時にベアリングと一緒にアンカーボルトで固定されてしまうからなんです!

反対側のベアリングも外す

ハブダンパー側のベアリング&カラーが外れればディスク側のベアリングを反対から押し出せるようになるので、スプロケット側ベアリングを交換した時と同じ手順でベアリングを交換していきます。

グリスをたっぷりと入れるよ♡
おニューのカラー
女房と畳とベアリングは新しいほうがいいって言うでしょ!

ディスク側のベアリングとダストシールを取り付けしたら、カラーを入れてハブダンパー側のベアリングを取り付けしていきます。

交換完了

これでハブベアリングとスプロケット側ベアリングの交換は完了です。

リア周りがリフレッシュされたぞ

最後にアクスルシャフトもグリスアップしてからホイールを組んでいきます。




まとめ。

動きがよくなった気はする

ベアリング交換後の感想ですが…


正直、あんまり変化を感じませんでしたww


ゼファーの時はあきらかに違うぞ!ってぐらいにわかったのですが、グロムはもともと車体が軽いせいもあってよくわかりません(^v^)

ホイールもよく回る気がする

ただ、あれだけサビサビで汚かったのを交換したので少なからずホイールにとってはいい方向にはなっていると思います。


今回の分にあわせて一緒にベアリングを頼んでいたので、次はフロントホイールのベアリングを交換していきます。


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。