SV650ABSのシートを純正オプションのタックロールシートに交換したよ。

SV650ABS タックロールシート

スポンサーリンク


ある日のこと…。


嫁ちゃん
(ネットを見ながら)このSVのオプションシートってカッコいいよね。



…。(また、なんか言ってる…。)



嫁ちゃん
(一一")じぃーーー。



……。(今回は買わないぞ…。)



嫁ちゃん
(ΦωΦ)じぃーーーーー。



ふぅ…買ってあげようか?(やれやれだぜ←負けてるし汗)



※こんなやりとりなんてしてませんよ笑(By嫁ちゃん)

純正シート

SV650ABSはカッコよくて燃費もいい素敵なバイクです。

これってレザーなの?

ただコスパ重視のためなのか、純正シートのデザインがすっごくダサいんです!

交換前

うちの(鬼)嫁ちゃんではないけれど前からすごく気になっていた部分なので、今回はシートを交換していきます。




選んだのはスズキ純正オプションシート!

しれっとミクちゃんが写ってる♡

嫁ちゃんがご所望したシートは、純正オプションで別売りされているタックロールシートです。


これを選んだ理由は2つ。

並べてみた

1つめが、昔のネイキッドのシートデザインが好きってことです!


それにシートにスズキって書いてあるのが、嫁ちゃん的にはとってもナウでヤングらしい。(タンクのSUZUKIステッカーを剥がしてから、どこのメーカーのバイク?っていつも聞かれるのがイヤなのもあるらしいww)

シート裏もまったく同じ作り

もう1つの理由が、シートの形と厚みが変わらないことです!

嫁ちゃんの足周り(太め)
ブーツ履いてもツンツン

身長153cmの嫁ちゃんにとって今までのシート以上に厚みがあると足つきが悪くなってしまうし、ただでさえぺったんこで長距離を走るとお尻が痛くなるアンコをこれ以上は減らすワケにはいかなかったので、デザインだけ変わるオプションタックロールシートは嫁ちゃんのためだけにあるんではないかとさえ思いました。(言い過ぎ)




シート交換。

タンデムシートがグレーなのも刀みたいで好き
交換後

シートは純正オプションだけあって、なんの加工も必要なくあっさりと交換出来ました。

ここだけ見ると違うバイクみたい
艶ありグレーによく似合うデザイン

ネイキッドタイプのSVはシートがよく目立つので、交換すると印象がだいぶ変わって見えますね!!

同じ角度から
やっぱりツンツン

シート交換後に嫁ちゃんにまたがってもらいましたが、足つきや座り心地は変わってないようでした。




まとめ。


シートの材質のせいで安っぽく見えていましたが、シートを交換したことで旧車のようにずっしりと重みがあるように感じます。

お手入れも簡単になった

また素材がレザーに変更となり、ラナパーなどの保護&艶出し剤で簡単にメンテナンス出来ることようになりました。


嫁ちゃん
すぶたんがまたカッコよくなった…( º﹃º` )ダラ~


シート交換は費用に対して効果が大きいので、SV650ABSの純正のシートの素材やデザインが気になるなら取り替えをしてみるのもありかなと思います。


ではでは、また。



スポンサーリンク。


0 件のコメント :

コメントを投稿