SV650ABSのタイヤをピレリのエンジェルSTに交換したよ。

SV650ABS ピレリ エンジェルST


スポンサーリンク


北海道ツーリングに行くのでタイヤ交換をするよ。

リアタイヤ

交換から約9か月、走行距離約5,400Kmでミシュランのパイロットパワー2CTのリアタイヤの溝が、スリップサインから1mmぐらいまで摩耗しました。

フロント

フロント側は残り2~3分ぐらい。


嫁ちゃん
2020年9月は北海道に行くよ!


ここまで溝が減っても接地感が高く安心して傾けていけるとっても良いタイヤなのでギリギリまで使いたかったのですが、北海道ツーリングが行くことが決まったので少し早めのタイヤ交換をしていきます!



次のタイヤはエンジェルST。

天使

新しく選んだタイヤは、ピレリのエンジェルSTです。

ちょっと不気味…

本当はもうちょっとスポーツ性の高いタイヤを選びたかったのですが、トルクが強いVツインエンジンのせいなのかライフが長いと言われた2CTでも5,000Km半ばぐらいしかもたなかったので、まっすぐしか走らない北海道で使うにはもったいないかな?と思って、完全ツーリングタイヤのこいつを選びました。


なにより安いのが魅力です(∩´∀`)∩



タイヤ交換。


それではタイヤ交換をしていきます。

リフトアーップ

リアを先に上げるのが正解

まずメンテナンススタンドでリフトアップします。

フロントホイール外し

リアも外しちゃう

そしたら前後のホイールを外して…

2CTは柔らかくて外しやすかった

古いタイヤを外します。

J-TRIP

今回は、ビードブレーカーをアストロプロダクツのものからJ-TRIPに変更したので作業が格段に速くなりました!

モデル:嫁ちゃん

嫁ちゃんがやっても2秒ぐらいでビードが落ちるので、やっぱり工具はいいやつを使ったほうがいいよねって思いました(^v^)


タイヤが外れたら、レバーを使ってタイヤを組んでいきます。

めちゃ汗だくになった

エンジェルSTはサイドがバイアス並みに硬くて入れるのにかなり苦労しました。(途中で店に頼もうか本気で悩んだぐらい…)

ビード上げ

タイヤを組み込んだらビードを上げて、車体に取り付けしていきます。

タイヤ交換完了!

プロファイルは尖ってない

これでタイヤ交換が完了しました!


※SV650ABSのタイヤ交換作業については、2CTに交換した時の記事で細かく紹介しているので、興味がある方は参照してみて下さい。



まとめ。

皮むきツーリング

タイヤ交換後に皮むき&走行テストをしてきました。

皮むき後のフロントタイヤ

交換して感じたのは、新品状態でも溝のない2CTより接地感が薄く倒し込みももっさりとしているので、スポーツ走行には向いていないタイヤだなということ。

皮むき後のリアタイヤ

またタイヤ自体が固いせいか、乗り心地もちょっと悪くなりました。


ただ今回のタイヤ交換の目的は、北海道をツーリングすること。


ライフが長くてウェットにも強いらしいので、北海道ツーリングには向いていそうな感じです。


嫁ちゃん
北海道ツーリング楽しみ~♡


ではでは、また。





2021年3月14日追記。

スリップサインとこんにちは
トリップBはタイヤの距離を測るために使ってる

走行距離6000Kmちょっとでリアタイヤにスリップサインが出ました。

フロントはもうちょっとイケそう

乗り方もあるのかもしれませんが、予想していたよりライフが短かったです。(10,000Kmぐらいは走れると聞いていた)


トルクの強いVツインだからかな?

次のタイヤはロッコル2

ウェットグリップも北海道で雨が降らなかったので、結局わからずじまいでした…。


スポーツタイヤであるミシュランのパワー2CTとライフが同じぐらいで、グリップや乗り心地もそこまでではないので、個人的にはもう履かないと思います。


サイドが固すぎて手組みするのも大変だし…汗


次はピレリのロッコル2に交換したので、またレビューしていきます!!




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。