YZF-R25のステップをSNIPERのバックステップに交換したよ。

YZF-R25 バックステップ SNIPER

スポンサーリンク


廃番のバックステップ!

ブレーキ側

廃番となっているSNIPERのレース用バックステップ(中古)をGETしました!

6段階

ポジション調整は6段階。


レース用ということで、純正ブレーキスイッチは使えません。(自分のは油圧式スイッチに変更済みなので問題なし!)


またマスターシリンダーの位置が大きく変わるので、ブレーキホースの交換が必須です。

SNIPERの文字

取り扱い説明書がないので少し不安が残る状態ですが、交換していきたいと思います!



シフト側。

付けたばっかりだけど…

まずは、純正のステップと取り付けしたばっかりのBABYFACEのセットバックプレートを外していきます。

シフトアーム

外れたらシフトアームを付属品のものと交換します。


シフトアームの角度を色々と試してみましたが、逆シフトへの変更は無理そうな感じでした。

ステップは薄い紫みたいな色だよ

シフトロッド

後はプレートとシフト側ステップ一式を取り付けし、シフトアームをつないでペダルの高さを調整したら完了です。

ネジロック剤

プレートの固定ボルトとステップを固定するボルトには、ゆるみ防止のためのネジロック剤を忘れずに塗っておきました!




ブレーキ側。

次はブレーキ側

続いてブレーキ側のステップを交換していきます。

ブレーキスイッチは使えない

最初にマスターシリンダーと純正ステップ一式を外します。


ブレーキスイッチは固定するところがないので、サイドカバーの中に丸めてタイラップで固定しました。

スウェッジラインのブレーキホース

ステップが外れたら、ブレーキホースを純正(380mm)より長いものに交換します。

そこまで難しくなかった

ここまで準備が出来たら、プレートとステップとマスターシリンダーを取り付けしていきます。

元の位置に戻った

マスターシリンダー位置が変更となったおかげなのか、今までステーを使って移設していたカップは、純正と同じ位置になりました。


最後にペダルの位置を調整したら、ブレーキ側のステップ交換も完了です!



まとめ。

セット位置

ステップは最も高くて後ろに下がる位置にセットしました。


この状態で今までのBABYFACEのセットバックプレートのものと寸法を比べてみると、高さ方向は±0mmで水平方向がー20mm。


なので純正比で、高さが55mmアップ、後ろに40mmバックのポジションとなることがわかりました。

ステップの色が控えめ

また、純正だとアームシフトの部分がゴムだったのがピロボールになったおかげで、シフトがカチっと入るようになりました!


見た目も変わるし操作時のダイレクト感もあるしで、やっぱり社外のステップはいいなーと感じたバックステップ交換の話でした。


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。