SV650ABSのドライブレコーダー(Blueskysea DV688)のリアカメラ位置を変更したよ。

SV650ABS Blueskysea ドライブレコーダーの写真

スポンサーリンク




ナンバーが写っちゃう!

目立たないが…
横から

SV650ABSに取り付けしたドライブレコーダーのリアカメラは、なるべく目立たせないようにステーを使ってウインカーの下に配置しました。


ナンバーが写る

そのおかげでカメラ自体はよく見ないとわからないような仕上がりになりましたが、撮影された動画を確認すると右下にナンバーが映りこんでしまいました。


イケメンがいる!

カメラを目立たせないようにすることが優先だったので、しばらく我慢してこのままで使っていましたが…


びすたんは目立つところに付けてみた

YZF-R25であえてカメラが見えるように取り付けしてみたら、意外と悪くないなっと思えてきました。


それとカメラを目立つようにしたら、おもしろいぐらい後続車が距離を取るようになったのもわかりました(笑)


なので今回はリアカメラの位置を変更していきます。



リアカメラの位置変更!

すでに完成形

カメラの位置はYZF-25と同じで、ホームセンターでL字のステーを買ってきて、ナンバーのボルトを使って固定しました。


アクセサリーは2個使用

この位置だとアクセサリーも少なくてすむので、走行中の振動影響も軽減されそうです。


カメラのケーブルがナンバーの上に乗る形になるので、チューブでしっかりと保護しています。



まとめ。

視界すっきり

取り付け後にモニターを見てみると邪魔だったナンバーが無くなり、右側がすごく見やすくなりました(∩´∀`)∩

今度はゼファー

またカメラ位置が車体のほぼセンターに来ているので、視野も広くなった気がします。


せっかくのドラレコなので万が一の時を考えて画面いっぱいに撮影されている方がいいんじゃないかと、カメラ位置を変更した後の動画を見てあらためて思いました。


やっぱり、カメラの取り付け位置は重要ですね!



そしてカメラの位置を変更後に走ってみると、またおもしろいくらい後続車が車間距離を取ってくれるのを今回も確認することが出来ましたww


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿