ゼファー1100RSにオーリンズ(KA132)のリアショックを取り付けしたよ。

ゼファー1100RS オーリンズ KA134の写真

スポンサーリンク


やっぱり一番欲しいやつにしたよ。


リアショックが油漏れをしたので、なるべく安く済ませようと思ってZRX1200DAEGのリアショックを購入したら失敗してしまったことを反省して…

新品だよ

買うならやっぱり一番欲しいやつ!

ぴかぴかっ(∩´∀`)∩
タイプはS36PR1C1L

ということで、伸び側と圧側の減衰力調整機能がついたオーリンズのレジェンドツイン(KA132)をふんぱつして買ってしまいましたー!!

黒の方が好み

スプリングの色はリアショック交換しているぜ!感をあんまり出したくなくて、ブラックにしました。




オーリンズに交換するよ。

交換前

ZRX1200DAEGのリアショックを取り付けした時も同じことをしたので、さくっと交換しちゃいます。

さよなら、純正ショック

最初にセンタースタンドをかけて、リアショックに荷重がかからないようにします。

この六角ボルトと…
この六角ボルトを外す

そしたらリアショックの上下を固定している六角ボルトをゆるめます。


これでリアショックが外れます。

並べてみた

ちなみにリアショックは左右一緒に外してしまうとリアタイヤが地面に乗るまで下に下がってしまい、取り付けするのが難しくなるので片方ずつ交換するほうが作業しやすいです。

簡単♪

外れたら逆の手順で新しいリアショックの取り付けをします。


オーリンズのリアショックには左右の向きの指定がなかったので、リザーバータンクが後ろにくればどちらに取り付けしても問題ありません。


メーカー初期調整状態で純正より5mm長く設定されているらしいですが、後ろ上がりの方がカッコよさそうなのでそのまま取り付けしています。(ただし、足つきはちょっと悪くなった)

ここは見せられないのだ

それとなけなしのお金をはたいて買ったせっかくのオーリンズなので、盗まれたりいたずらされたりするリスクを考えて、盗難防止用ネジ(iGuard)を別に購入しました。

これがボルト側
ナット側

ゼファー1100であればボルト&ナットセット(M10×45ピッチ1.25)で注文すれば左右のリアショック分がそろいます。

専用ソケット①
専用ソケット②

ちょっと高価なんですが、会員登録しないと専用ソケットが購入できないし、特殊ペンチ(ネジザウルス等)でもつかめない構造になっているので防犯性は高そうです。


ユニファス株式会社:http://www.uni-fastener.com/

まずはこいつ

右側のリアショックは干渉しているサイレンサーを取り外します。

外れた

そしたら左側のリアショックと同じように上下を固定している六角ボルトをゆるめます。

もう終わり(`・ω・´)

後は新しいリアショックを取り付けして、サイレンサーを戻せばオーリンズのリアショックへの交換は完了です(∩´∀`)∩




まとめ。

スプリングが黒いからそこまで目立たない

オーリンズのリアショックに交換してから走行テストをしてきました。


純正リアショックが油漏れをしていたので単純比較とはいきませんが、オーリンズのリアショックにしたら路面に吸い付くような感覚で、今までと同じバイクだと思えないぐらいでした!

圧側調整は4段階

なによりびっくりしたのが、その乗り心地の良さ(*´ω`*)

伸び側(リバウンド)は20段階

いいリアショック=固いって勝手に思っていたので、いい意味で予想を裏切ってくれました。

車高調整機能

まだメーカーの初期設定のままなので、これから少しずつ調整をしていって自分好みのサスペンションにしていこうと思います。


ではでは、また。



2020年2月28日追記。


新品で購入したオーリンズですが、100Kmほど走行したところで油漏れしたのでカロッツェリアジャパンへと送ってオーバーホールしてもらいました。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。