2019年9月にソロで北海道ツーリングに行ってきたよ。その3~いざ道東へ編~

北海道ツーリングの写真

スポンサーリンク




いざ道東へ!

9月17日。


北海道ツーリング3日目です。


やっぱり雨が降ってたらしい

起きた時は降ってなかった

この日は、ひさしぶりの布団で朝まですやすや( ˘ω˘ )と寝れました!


起きた時にカーテンを開けてみると、今は雨が降ってませんが夜のうちは予報通り雨が降ったらしく、道路がかなり濡れた状態でした。


朝はローソンのおにぎりとコーヒー

朝ゴハンを食べながら今日の天気を見てみると…


晴れ一色!

北海道全域がオール晴れ(∩´∀`)∩


このぶ厚い雲もいずれどこかに行くハズと信じて、予定通り東に向かいます。


それと朝の気温が15℃(スマホの温度計を参照)でちょっと寒く感じたことと、雨もいつ降るかわからない感じだったので、昨日の装備にプラスして合羽の上下を着ています。



遠回りだけど屈斜路湖を通って斜里に向かうよ!


泊まっていた北見のホテルから斜里に行くには、国道334号を通るほうが早いのですが、屈斜路湖とそれを一望できるという美幌峠に行ってみたかったので、この2か所を経由してから向かうことに決めました('◇')ゞ


それに深山峠、三国峠と立て続けにふられ続けているので、きれいな峠からの景色を見たいというのも本音です。



美幌峠。

やな予感…(/ω\)

北海道ツーリングマップに道内屈指の絶景ロードだ!と書かれていたので、すごく期待しながら山を登っていくと、高度が高くなるにつれてどんどんと周りが白くなっていきます…。


昨日の三国峠パターンはヤダよ~と思いながらも、すぶたんをどんどん走らせていくと…


ま、前がまったく見えん…

頂上付近になるころには、濃い霧と大量の雨と強い横風でまったく前が見えない状態となってしまいました(ヽ´ω`)


風で倒れないか心配だった

ホットのブラックは売り切れだった…

このまま走り続けるのは危険と感じたので、頂上付近にある展望台駐車場でしばらく休憩です。



3度も嫌われるって峠でなにか悪いことしたかしら?



晴れるって言ったよね(ちょっとキレ気味)

ブラックコーヒーが無かったので、久しぶりのミルクティーで暖を取りながら風の当たらないすみっこで、せめて霧か風がやんでほしいと思いながらしばらくじっと外を眺めていました。


よし!下ってみよう!!

だけどしばらく待ってみても、まったくよくなる気配がありません( ;´Д`)


むしろ霧がひどくなってきた気もするので、これ以上この場にとどまるよりも山を下ったほうが安全なのでは?と思い立ち、充分に注意しながら下り坂レーシングを開始します。


下りてきて正解だった!

うっすらと晴れ間が(*´ω`*)

これが功を奏し、屈斜路湖の近くまで来る頃には霧も雨も風もすっかりとなくなり、遠くの空には晴れ間が見えるようになっていました(∩´∀`)∩



屈斜路湖。

屈斜路湖に到着!

美幌峠で試される大地の洗礼を食らったので、屈斜路湖でちょっとカメラで遊びます。



合羽だと映えない

動いてるとちょっと暑い…

天気がよくなってきた!

なかなかいいじゃない( ̄▽ ̄)

さっきまでは震えるぐらい寒く感じていたのに、天気が回復してきたらちょっと暑くなってきたので、ここで合羽は脱ぎました。


すぶたんも脱いだ!

屈斜路湖だからクッシー

テンション上がってきた!

お天道さん、ひさしぶり(*´▽`*)

屈斜路湖周辺の道路は、美瑛&富良野の農園景色とは違った風景を見せてくれて、とっても楽しかったです。



斜里には海と天と山に続く道がある!


斜里には「海に続く道」と「天に続く道」という長い直線道路があって、写真で見た時からすごく気になっていたのでこの2つに向かいます。



海に続く道。

誰もいない('ω')

海に続く道ってグーグルナビに入れると、まったく違うところに連れてかれてしまって似たようなところをぐるぐるしちゃいましたが、なんとか見つけました(*^-^*)


近くで野良作業していた人に「またあのバイク来た」って思われてたかもwww


今後ここに来る方のために書いておきますが、グーグルナビだと道道857号線を途中で曲がれと案内してきますが、正解は曲がらずにまっすぐ行く、が正解です!


地平線の向こうはたしかに海だった!

グーグルナビが嘘をつくぐらい、ここはメジャースポットではないらしく、人も車もまったく来ません。


車もまったく来ない('ω')

キリッ

こんな素敵な風景を一人占め出来るなんてラッキーと思いながら、ホントはいけないことなんだけどすぶたんを道の真ん中に停めて撮影しちゃいました♪


でもすぶたんと一緒に撮影した写真は、肝心の海に続く道が見えていないという失態…orz。


三脚の高さが低すぎることが原因なので、もっといい三脚を買うのが今後の課題ですね!



山へと続く道。


次の天に続く道に向かおうと走り出した時にふと、「さっきの逆側からみたらどんな風景になるんだろうか?」と疑問に思ったので、海に続く道の反対側で見晴らしが良さそうな龍神橋に停車してみます。


これより先は市街地なのだ
良い('◇')ゞ

そしたらやっぱり逆からの景色もなかなかのものでした!




ここからの景色には名前が無かったので「山へと続く道」と勝手に命名。



私が名付けた道と海に続く道はぜひセットで見に行ってください(笑)



天に続く道。

展望台から撮影

天に続く道は、国道334号からちょっと入ったところにある長い直線道路です。


ここはグーグルナビが嘘をつかずに案内してくれた場所だけあって、ここが目的で来ている人と車であふれていました。


車が来ていないうちに…

交通量がなにげに多いのよv

ホントに天まで続いてる(∩´∀`)∩

それに加えて意外にも交通量が多く、ゆっくりと撮影することがなかなか出来ませんでした。


同じ斜里にある道なのに知名度でこんなに違うんだと、少し感心…。自分は海に続く道のほうが好きだな。



知床でふたたび峠に挑戦!


せっかく斜里まで来たので、絶景と噂の知床横断道路を走っちゃいます。


海だぁーーー

斜里から知床に向かう途中で、田園風景から一気にオホーツク海を走る海沿いの道に変わります。


今回の北海道ツーリングは内陸ばっかり走っていたので、ひさびさの海は新鮮に感じました。



オシンコシンの滝。

バイクより自転車のほうが多い

知床横断道路を目指して爆走中、右側の「オシンコシンの滝」の看板がちょいと気になったので寄り道します。


すぐそこだった

残り七景はどこなんだろ?

もうお昼時間をけっこう過ぎていたので、なんか食べ物が売ってないかと淡い期待もあって立ち寄りましたが、お土産以外はなにも売っていませんでした。残念!


でも試食で食べたカニせんべいはおいしかった(*´ω`*)

お腹空いてたけどカメラで自分を撮っちゃう(*´▽`*)

近くで見るとすごく豪快

滝って山道を登った先にあることが多いので、こんな駐車場から近いとこにある滝なんて…って馬鹿にしてたら、さすが知床八景のひとつ、近くでみたらすごい迫力です。


ひそかに滝を眺めてるのが好きだったりするので、ここは立ち寄って正解でした♫


ただ、お腹すいた…(ヽ´ω`)



知床横断道路。


今日は昼ゴハンのタイミングがみごとにあわない日だけど、頑張って知床横断道路を走るよ(•̀ᴗ•́)و ̑̑ぐっ


知床横断道路はウトロと羅臼をつなぎ、2005年に世界遺産に登録された知床半島を走れる峠道。


3度も峠には裏切られたので、今度こそは絶景をみたい!


と必死に思いながら頂上まで走ると…


雨は降ってなかった

霧がすごい(/ω\)

そこは真っ白な世界でした。


どこか一つぐらいは晴れてよ…と悲しい気持ちになりましたが、これは北海道が「またおいで。」と言ってるんだと勝手にフラグ立てて気持ちを落ち着かせます。


それでも頂上の展望台に行っちゃう!

なにも見えない…

でも下ってる途中で…

少しだけ国後島が見えたグッ!! ( ̄ε ̄〃)b

知床横断道路は今までの峠道と違って、カーブが続く長いワインディングロードになっているので、絶景も楽しめて走るのも楽しめるという、2度おいしいところでした。(ただし晴れてたら)



羅臼で初の無料露天フロにチャレンジ!

熊の湯。


今回はせっかくのソロツーリングなので、嫁ちゃんと一緒の時には出来ないワイルド露天風呂に挑戦したいと思っていたので、知床横断道路を出てすぐのところにある熊の湯に特攻します。


バイクも数台停まってた

入り口

看板がすごくきれいだった

北海道にはたくさんの無料露天風呂があるのは知っていましたが、実際に入るのははじめてなのでどんな感じなんだろ?と少し緊張気味です…ドキ(*゚Д゚*)ドキ


この先にある

女湯はきちんとした小屋が建ってる

進んでいくと小屋みたいなのが最初に見えてきますが、こちらは女湯となってます。


人がいっぱいいたので写真が撮れませんでしたが、この小屋の奥が男湯となっていて、そっち側は壁も屋根もなく川のとなりに湯舟がぽつんとあり、みんなスッポンポンで入ってましたΣ(・ω・ノ)ノ!


近くに脱衣所があり、そこで自分も服を脱ぎ恐る恐る湯舟に入ってみると…すんごくお湯が熱くて最初は10秒ぐらいしか入っていられません!


「みんなよくこんなのに入ってるな…⁉」と思って悩んでたら…地元の人らしきおっちゃんが「1回目はすごく熱く感じるけど、1回出てから2回目入ると平気になるぞ!」と言っていたので、もう一回入ってみるとホントにそこまで熱く感じませんでした( ゚Д゚)



はじめての無料露天ということで変に緊張しちゃいましたが、川や自然を眺めながら入れるとっても心地いい温泉でした。


無料の露天風呂…癖になりそうです!



中標津緑ヶ丘森林公園キャンプ場。


熊の湯を出た時点ですでに16時近くになっていたので、そろそろ今夜の泊まる場所は決めようと調べてみると、今いる羅臼からほどよい距離にバイク専用サイトのあるキャンプ場を発見!


今までいくつかのキャンプ場に泊まってきましたが、バイクをすぐ近くにおけるのは初めてなので、ちょっと楽しみです(∩´∀`)∩


すぶたんを見ながらキャンプ出来る(*´▽`*)

林間キャンプ場

入り口にあるスタンド用の木は必須

バイクサイトはバイクを近くに停められるのはうれしかったのですが、地面のそこら中に木の根がはりめぐらされていたので、テントを張る場所を探すのに苦労しました…。


セコマで肉も野菜も売り切れだったから簡単ゴハン

この日は自分を除いて7台のライダーさんがいましたが、みんなソロで来ているみたいで、かなやま湖畔キャンプ場とちがってとっても静かな夜でした。


そしてお昼ゴハンにありつけなかったから、セコマの総菜&サッポロクラシックが五臓六腑に染みわたります(*´ω`*)


今日も300Kmを突破!

北海道ツーリング3日目の走行距離は329.7Km。



まとめ。


今日のルート。



ここまでの北海道ツーリングメモ。


・フェリーはインタネット予約に空きがなくても直接電話すれば取れる可能性がある。
・電装品をいっぱい繋ぐ時は事前に確認する。また電源の取り出し場所も確認する。
・フェリーのコンフォートは意外と快適で爆睡してた。
・北海道の高速道路はスピードが速くてちょっと怖い。
・セコマのジンギスカンはめっちゃ美味しい。
・峠の天気に恵まれない。(深山峠と三国峠)
・ホントに峠の天気に恵まれない。(美幌峠と知床横断道路)←New
・山へと続く道を発見www←New
・無料露天風呂は癖になりそう。←New
・バイクを見ながらキャンプ出来るバイクサイトはすごくいい!←New


続きます!


(おまけ)今回ボツになった写真達。
悩んでいる人みたいになっちゃった…

微妙なジャンプ…

うおーーーー!



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿