SV650のマフラーをヨシムラに交換したよ。~嫁ちゃんマフラー交換初挑戦編~

SV650とヨシムラマフラーの写真

スポンサーリンク




すぶたんのマフラーはコレ一択だった!


じつはSV650を買った時からマフラーを交換するなら…


嫁ちゃん
ヨシムラがいい!


と決めていたそうです。


車検にそのまま通って・音がよくて・低速域もパワーが落ちない(ハズ)…


カーボン+出口が光ってるという組み合わせが気にいったのだ(*^-^*)

なにより、SMSっていうメタルマジックカバー(ようはカーボン柄ね!)+ステンレスカバーのデザインがどうやら気にいったらしいです。


嫁ちゃん
すぶたんの黒いボディと絶対に合うよ!



そんなワケで慣らし走行が終わりを迎えたある日…ついにマフラーを買わされる日が来てしまいました…(/ω\)チーーンッ



購入したマフラーをちょいとだけ紹介! 

これで全部だよ!

交換する前に購入したマフラーを紹介しちゃいます。



SV650には、ヨシムラジャパンとUSヨシムラの2種類からサイレンサーを選べます。


ヨシムラジャパンは「R-77Jサイクロン」、USヨシムラは「ALPHA」という、それぞれ異なるサイレンサーを使ってるのが特徴です。


このプレートが車検対応の証

どちらを選んでも政府認証を取れているので車検は通りますが、カタログ上でいうと「ALPHA」の方が近接排気騒音が91dbと若干大きめ(R-77Jは89db)です。




「ALPAH」のデザインはSSC(ステンレスカバー+カーボンエンド)かSCC(カーボンカバー+カーボンエンド)のみ。


こちらは嫁ちゃんのいちおしカラーが無いので、当然選んだのはヨシムラジャパンの方です。


もちろんジャパーン!

ただyoutubeで聞き比べた時は、自分的に「ALPHA」のほうが好みの音質でした。


こーゆー細かいところも凝ってるところが素晴らしい!

これはすごく好き( *´艸`)

マフラーが届いてからちょっとびっくりしたのが、バンドだったりスプリングとかの細かいところにも、メーカーのプライドを示すようにヨシムラって書かれているところ!


こーゆーところにこだわっているを見ちゃうと、本物ってやっぱすげ~わって思っちゃいます(笑)


重さを測るために一度組み込んだ

ちなみに体重計でマフラーを測ってみたら、カタログと同じできっちりと2.7Kgでした。


あぁ…いいメーカーって、ホント素晴らしい('◇')ゞ



嫁ちゃん…今度はマフラー交換に挑むよ!


嫁ちゃん
マフラー交換も私がやりたい!


オイル交換を無事にやり遂げた嫁ちゃん…今度はマフラー交換も自分でやりたいそうです。


交換前

こいつをヨシムラにしちゃうぜ(*‘∀‘)

購入したヨシムラマフラーはスリップオンタイプ…そこまで難しいものでもないので、本人がやる気になっているうちに交換してもらうことにしました。


この六角ボルトと…

この六角ボルトを外すだけ!

まずは純正マフラーを取り外します。


素手だとケガするかもしれないので手袋してる

生意気に六角レンチの縦使いをしているの巻

固定されているのは2本の六角ボルトだけなので、2本ともゆるめて取り外します。


グリグリ…

そしたらあとは刺さっているだけなので、サイレンサーをグリグリっとしながら引っ張ります。


ラクショーっす!by嫁ちゃん

これで取り外しは完了です。


ガスケットと…

ジョイントのバンドは外してね!

外したマフラーに付いている、ガスケットとバンドはヨシムラマフラーにもそのまま使うので外しておきます。


うちのSV650は走行距離1300Kmなのでガスケットの痛みはそんなにありませんでしたが、距離を乗っている車種などは熱でヤラれている可能性もあるので、その時はガスケットも準備しておいたほうがいいかもしれません。


重さがうちの愛ネコのミクたんと同じだ♡

ちなみに純正マフラーの重さは4.2Kg。ヨシムラのマフラーに交換すると1.5Kgの軽量化になります(*´▽`*)


取り付けもラクショーっす!by嫁ちゃん

続いて取り付けです。


最初はガスケットとバンドを移植したエキパイ部分を差し込んで仮付けをします。


サイレンサーを落とさないかハラハラしながら見てた…(;´・ω・)

そこにサイレンサー部分を差し込みサイレンサーバンドで仮固定をします。


スプリングと取り付け用の治具


片方に引っ掛けて、スプリングを引っ張ってフックに引っ掛けるだけ!

ヨシムラの文字が前に来るほうがいいね!

そしたらエキパイとサイレンサーの引っ掛けフックの向きを大体同じところにあわせて、付属の工具を使ってスプリングを取り付けします。


ボルトの固定を忘れないでね!

最後にマフラーを固定している六角ボルトをしっかりと固定したら…


チョベリグww

ヨシムラマフラーへの交換は完了です╭( ・ㅂ・)و̑ グッ


パーツクリーナー

ふきふきっε=( ̄。 ̄;A フゥ…

仕上げとしてパーツクリーナーでマフラー全体をきれいに拭き上げしています。


今回は手袋をしているので付いていないと思いますが、人の皮脂などがマフラーに付いた状態で熱が加わると金属部分が変な色で焼けてしまったりするので、念には念を入れてピカピカにしておきました。


すぶたんのボディカラーに合ってる

取り付け後に見てみると、嫁ちゃんが言った通りSV650のボディにとてもマッチしていました。


…((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!



まとめ。


マフラー交換前と後で音がどう変わったかを撮影してみました。



純正マフラー



ヨシムラマフラー


音の大きさでいえばそこまで変わった感じはしません。政府認証というだけあって、この辺りはすごく優秀なマフラーです。


でも音質はとびきりに良くなっています!


エンジンがVツインというこもあって純正マフラーでもドコドコという独特の重低音がしていたのですが、そのドコドコが腹までくるような激しい重低音へと変わっています。


車検も通って、音が良くて、見た目もいい…今回のカスタムはとても満足する内容でした。


ヨシムラHPより抜粋

ただ低速のパワーが落ちないっていうのは、まだそこまで体感出来ていません。この辺りのことは別に紹介していけたらなぁっと思っています。


ではでは、また。




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿