KADOYAのハンマーブーツを購入したのでレビューしてみた。

KADOYAの写真




スポンサーリンク


カドヤ本店まで行ってきた!


バイクに再び乗るようになってからからずっと欲しかった、カドヤのハンマーブーツを購入するため、はるばるカドヤ本店(西浅草)へと行ってきました!


カドヤの本店は1階と2階が販売フロアとなっていて、目的のハンマーブーツは2階にディスプレイされていました。


買っちゃった!

写真を撮れなかったので店舗内でのことは割愛しますが、いくつかのサイズを試しに履かせてもらってその場で購入をしちゃいました(∩´∀`)∩


この牛の絵はちょっとこわい…

ブーツが入っている箱からしてすでにカッコイイ…。ドキドキッ…。


新品ブーツとご対面

ついにマイブーツとご対面(*´ω`*)


いつもより一つ小さめにしたよ!

カドヤのおしゃれな店員さんが「うちのブーツは少し大き目なので普段のものよりハーフサイズ下げたほうがいいですよ。」って言っていた通り、普段履いている靴のサイズより一つ小さいサイズの26cmがぴったりでした。


ブラックなやつ

それとカドヤ本店で買った証でもある、カドヤのポイントカードも作っちゃいました('◇')ゞ



ハンマーブーツを紹介しちゃうぜ。

カッコいい!

後ろから

靴の表生地は厚いカウレザーです。


KADOYAと書かれた黄色の部分がナウい

靴底の部分は「トレックバイカーズソール」と呼ばれる、厚みがあってバイクの操作性を考えたものを使用しています。


いろんなところにKADOYAの文字が…

靴の中の生地は「吸汗抗菌ナイロンとカドヤオリジナルのフィットセルソール」を使っています。


メタル感がたまらない…

そしてなにより、ブーツに直接メタルプレートが打ってあるこの独特のデザインがたまらなく好きなんです!


ソールのメタルプレートもたまらん!

かかと部分のKADOYAと書かれたプレートと打ちっぱなしのビスも最高です!


人を蹴っちゃダメだよ…

つま先部分にもメタルプレートが入っていますが…


右足の写真

バイクに乗る時のことがきちんと考えられていて、接触したら傷が入ってしまうかもしれない車体側にはプレートがついていません!ここもとっても素晴らしいです…(*´▽`*)


ちなみにメタルプレートの色は黒とシルバーの2種類用意されています。


私は目立つほうが好みなのでシルバーを選んでいます。


ブーツといえばひも…

デザインとしてはバイク用では珍しくひもによる編み上げタイプを採用しています。


どの角度でもカッコいい!

ファスナーさんがこんにちは!

これはすごい着脱が楽だった

編み上げタイプのブーツだと脱ぎ履きする時に結んだりほどいたりしないといけないのですごく手間となってしまうのですが、ハンマーブーツは内側にジッパーとマジックテープが付いているのでひもを触らなくても簡単に着脱することが出来ます。


ここにも牛が!

調整用のベルト

またバイクでひも靴が敬遠される理由としてステップなどに足が引っかかった時などに転倒してしまうというのがありますが、このブーツはすねのプロテクター部分がひもの結び目をうまく隠してくれるのでそんな心配も不要となっています。




実際に履いてみた。

イ、イケメンが立ってる…(笑)

さっそく履いてみました。…もうね…すごくカッコいい!


写真に写る自分がいつもより2割ぐらいカッコよく見えます(笑)


そしてルーキーズのレザーパンツともよく合っています。


カドヤはハーレーのイメージが強いですが、こうやって写真で見てみるとネイキッドバイクにも似合いますよね!


濃いブルーのジーンズとかでも似合いそうだ…

メタルプレートが見えるようにブーツインのレザーパンツにしたのですが正解でした!

黒の中の紅一点

黒が好きだということでファッションが全体的に暗くなってしまうので、ハンマーブーツのステンレスに輝くメタルプレートがワンポイントになっています。

ゼファたんにも似合うデザイン

最初は革が硬くて思うように歩けないしギア操作もうまく出来ないしで苦労しましたが、数回履いてなじんでくるとまったく違和感を感じなくなりました。


個人的にはレーシングブーツなどより歩きやすいし操作しやすいと思いました。


編み編み部分から中に風が入ってくる…

欠点としては防風仕様ではないってことです!


ハンマーブーツはフロントの編み上げの部分が完全に密閉されていない構造となっているため、走行中の風がここからブーツの中を通り上へと抜けていきます。


それを特に感じるのが冬です。冷たい風がブーツの中を通っていくのがはっきりとわかるぐらい…。


なのでこのブーツを履く時は厚手の靴下を履いたりするほうがいいと思います。ちなみに私は靴下2枚履き戦法で乗り切りました(笑)


でも逆に夏は風が通ってくれるので走行中は蒸れたりしなかったは良かったです!(ただ夏にこれを履いて歩くとすごく暑いww)


まとめ。



ここまで色々書いてきましたが、最後に思ったことはやっぱりきちんとしたメーカーのものは作りがいいってことです!


デザインもいいし、安全性も高い。そしてブーツのリペアも対応してくれます。


少し値段が張りますが安物をちょこちょこ買い替えるよりカドヤのようにメンテナンスをして長く使っていくほうが愛着もわくしコスパもいいのではないかと思います。



ではでは、また。




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿