子供とのタンデムツーリング用にTNK工業のフルフェイスヘルメットを購入しました。

子供用フルフェイスヘルメットの写真

どうも、でかじよーです。


先日嫁ちゃんが私の影響を受けて、普通自動二輪免許を取りましたが、今度は子供…特に次男坊の方がバイクに興味を持ちはじめました。


さらに、「今度、バイクの後ろに乗ってみたい!」とも最近になって言うようになったので、近場をゆっくりと走るツーリングの時ぐらいなら後ろにのせてもいいかなってことで、子供用のヘルメットを購入しました。



買ったのはTNK工業のスピードビットZK-1というフルフェイスタイプのものです。



色はシルバー/レッドとシルバー/ブルーの2種類ありますが、息子の趣味で赤を選択。



写真だとうまく写っていないのですが、シルバーのところにラメが入っているので、すごくキラキラしていてカッコいいです!






安全面を考えたらフルフェイスヘルメットがいいと思っていたので、色々と試しにかぶらせてみた結果、息子の頭のサイズである54cm(50ー52cmのものだとすごい窮屈そうでした…)でちょうどよく、日本製でもあるということで、こちらのメーカーのものを選びました。




子供用とはいえ、口元の部分にはきちんと空気取り入れ口が付いています。




ヘルメット上部の左右にも空気取り入れ口が付いているので、暑い季節でもきちんと風を取り込んでくれそうです。



残念ながらシールドは曇り止めシールドではありませんでした…まぁ価格から考えればしょうがないとことでしょう。


運転するワケではないので、多少曇っても影響はないと思いますが、これからの寒い季節はシールドが曇りやすくなるので、あんまりひどい場合は曇り止めスプレーとかを考えましょうかね…。





ヘルメットのインナー部分で外せるのは、この3点のみ。
首元を覆う部分とアゴ用のメッシュカバーとほっぺたの当たるサイドの部分です。


頭の部分のインナーは外れないので、洗う場合は本体と一緒に手洗いとなります。



息子は小学校3年生で身長127cmなのですが、かぶってみると頭の部分はぴったりよりややゆるいっていう感じでしょうか…。




アゴひもの固定はシートベルトみたいな感じで、金具を赤い部分に差し込んでやれば固定される仕組みとなっています。
大人用のものと違って、子供でも簡単にロック出来ました。



またアゴひもがのどに食い込まないように、ひもの内側にガードがついています。
このガードのおかげなのか、ヘルメットが簡単に脱げないようにアゴひもを指一本入らないくらいまで締めてましたが、息子いわく「特に苦しくない!」とのことでした。



ただほっぺたに当たるサイドの部分に若干の隙間はありました。



付属の説明書には書いていなかったのですが…



こちらも付属してきたスポンジがあったので、細かい部分はコレで微調整するのではないかと思ったので…



ほっぺたに当たる部分にスポンジを貼ってみました!



何回か調整してみて、サイドの部分の裏面にこれぐらいのスポンジを重ねてみたら…



ほっぺたに密着するぐらいまで調整することが出来ました。



…でもここまで貼って気付いたのが、取り外しが出来るこの部分にスポンジを貼るのではなく、ヘルメット本体側にスポンジを貼ればよかったってことですΣ(・ω・ノ)ノ!


脱着出来る部分って…もしかしたら(もしかしなくても)今後洗う可能性がありますよね…!?


両面テープ、洗濯に耐えられるかな…。


このスポンジの両面テープは意外と強力で無理にはがそうとするとスポンジ部分が残ってしまいそうな感じでした。
私はとりあえずこのままいきますが、これから買う方はスポンジを貼る場所を間違えないように注意して下さいね!


以上が子供用フルフェイスのレビューでした。



ではでは、また。



次の記事
子供と安心してタンデムツーリングをするためにタンデムベルトを使ってみました。

関連記事
大型自動二輪教習 第一段階1時限目の教習に行ってきました。

0 件のコメント :

コメントを投稿