SV650ABSのタイヤをミシュランのパワー3に交換したよ。

sv650abs ミシュラン パワー3 タイヤ交換

スポンサーリンク


ピレリのロッソコルサ2について。

ツルツルやん

今履いているロッソコルサⅡが限界を迎えたので、交換していきます。

トリップBはタイヤ用にしている

溝がなくなるギリギリまで使って、走行距離約5,200Km。

フロントはスリップサインと面一ぐらい

ハイグリップタイヤだけあって、ライフはかなり短めです。


荷重をしっかりとかければよくグリップしてくれるし、温度依存性がそこまで高くないので、冬でも安心して走れるタイヤでした。




次はミシュランのパワー3を履くよ。

またミシュランにする

ロッソコルサⅡの次に履くタイヤは、ミシュランのパワー3です。


これを選んだ理由は…


嫁ちゃん
パワー2CTの乗り味が好みだったから、ミシュランがいい(*'ω'*)


嫁ちゃんがミシュラン好きだから♡


そして前に履いていたパワー2CTではなく、せっかくなので後継のパワー3の方がいいよね!って思ったのも理由のひとつです。

まずはフロントから

今回もタイヤは手組みで交換していきます。

古いタイヤを取り外したところ
ビード上げ中
フロント

ハイグリップタイヤだと外しやすいし、ミシュランのタイヤは柔らかくて組み込みやすいので、あっさりとフロント側のタイヤ交換は完了。

リアタイヤ側
ミシュランは組みやすい

ただリアはタイヤの脱着まではスムーズにいったのに、ビードが全然上がらなかったのが苦労しました。(ビードとホイールに隙間があってエアが漏れちゃう)

持ち上げてから地面に落とす
タイヤを潰しながらエアを入れる

ミシュランのタイヤに多いらしいのですが、最終的にタイヤを組み直してみたり、ホイールを持ってから地面に落としたり、タイヤの上に乗ったりを繰り返したらビードが上がりました!!


ビードワックスの代わりに、中性洗剤をボトルスプレーに入れたやつをぶっかけまくるとビードが上がりやすいと教えてもらったので、次のタイヤで試してみようと思います。

パターンもいい感じ♪

※タイヤを手組みで交換する方法を別記事で書いているので、興味がある方はのぞいてみて下さいね!

それと廃タイヤは、バイクワールドで1本300円で引き取ってくれますよー!!




まとめ。

皮むきツーリング

タイヤ交換後に走ってきました。

フロント

このタイヤで最初に感じるのは、接地感のよさです。


タイヤ表面が柔らかくもっちりしているだけあって、路面の状況を鮮明にお尻に伝えてくれます。


ロッソコルサⅡは乗り手を選ぶタイヤでしたが、パワー3は実用的でフレンドリーな感じがします。


嫁ちゃん
パワー3の方が好き♫


実際、体重が軽く荷重移動が苦手な嫁ちゃん的にはロッソコルサ2よりパワー3の方が乗りやすいみたいです。


自分も公道であれば、パワー3の方が好みですね。

皮むき後のリアタイヤ

プロファイルは尖っていて、素直に傾いてくれるクイックな特性を持っています。


パワー2CTの後継というのが、よくわかりますね。


後はライフ良ければいいんだけどなー。


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。