SV650にスイングアームスプールを取り付けしたよ。

SV650の写真

スポンサーリンク




スイングアーム下のボルト穴が気になる…。

このボルト穴のことね

いつも気になっていたスイングアーム下のボルト穴。


ここにはメンテナンススタンドのフックを引っ掛けるためのカラーを取り付けすることが出来ます。


反対側

この部分がむき出しだと見た目もよくないし、なによりカラーが付いているだけで「コイツしっかりとメンテナンスしてるな!」って思わせてくれる(笑)部分でもあるので、細かいところですがカスタムしたいと思います。



スイングアームスプールはGSX250Rから外したものを流用するよ。

中古なんで少し傷がある

ボルトのサイズが同じだったのでGSX250Rから外したスイングアームスプールを流用しました。


色が黒だったのもよかった

六角ボルトが鉄製なのはちょっと気になってる…

取り付けはスイングアームスプールを付属の六角ボルトで固定するだけ!


こんな小さな部品ですが、これが付くだけ少しだけカッコよくなった気がします。



メンテナンススタンドでリフトアップしてみた。

GSX250Rで愛用してたもの

スイングアームスプールを取り付けしたので、メンテナンススタンドでリフトアップもしてみました。


アストロプロダクツ製だよ(^ω^)

メンテナンススタンドのフック幅はGSX250R用で固定されていたので、SV650の幅に合わせて再調整しています。


意外に重くてぺけぽんみたいに簡単にリフトアップ出来なかった…

右側

左側

車重が軽いとはいえ、さすがは大型バイク。GSX250Rだと楽々リフトアップ出来たのですが、SV650はかなり気合をいれないと持ち上がりませんでした。


車重200kgまでって書いてる

メンテナンススタンドが重量200Kgまでのものなので、もう一回り大きいものに交換したほうがいいかも…。



まとめ。

チェーンメンテも簡単に出来るよ(; ・`д・´)

これでチェーンメンテナンスもしやすくなりました。


なにより気になってたボルト穴が改善されたのが一番のポイントです!


こーゆー細かいカスタム…好きです♡


ではでは、また。





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿