ゼファー1100RSのオイル交換をしました。~カストロール10W-40~

ゼファー1100RSのメータの写真

スポンサーリンク




どうも、でかじよーです。


ゼファたんがうちに来てから3ヵ月。この時から早いもので2,000Kmほど走行したので、はじめてのオイル交換をしたいと思います。



準備したもの。


まず今回使用したものを紹介します。



①オイルフィルター



オイルフィルターはキジマ製のものを使っています。


オイルフィルター単品だけでなく、これにパッキン一式とドレンボルト用ガスケットが全部セットとなったものがAmazonで売っています。


価格は1,944円と単品で買うよりちょっと割高
これも一緒に入ってる

今回は、購入したバイク屋さんでどこまで交換してくれたかわからないので、すべて取り替えするつもりでフルセット品を購入しました。



②オイル


オイルは愛用のカストロールのPower 4T(10W-40)


このオイルはいつも2缶ぐらいストックしてる

イナズマやGSX250Rにもずっと使い続けています。4L2,000円程度と安いけど、そこまで性能が悪いわけじゃないのが魅力です。



③オイル処理パック


廃オイルを可燃ごみで捨てられる、処理パック。


近所のホームセンターで買ってきた!

これは必要であれば購入。ホームセンターでも売っています。


ゼファたんのオイル交換。

この間付けたばっかだけど、また外すよ

ゼファーのドレンボルトとオイルフィルターを外すのにマフラーが干渉するので、最初にマフラーを取り外します。純正マフラーだと干渉しないので、この作業は不要です。

オイルパンの前側

オイルパンの後ろ側

マフラーを外したらドレンボルトが2本あるので、両方とも取り外します。レンチサイズは17mmです。

オイルきちゃない…

最初、どっちかのドレンボルトを外せばオイルが全部抜けるのではないかと思って、オイルパンの後ろ側だけ外してみました。


その後、外したところからオイルが完全に抜け切るのを確認してから前側のドレンボルトを外したら、ここからもオイルがかなりの量出てきました!


オイルパンの構造はよくわかりませんが、ゼファーは2本のドレンボルトを外さないと、古いオイルが全部抜けきらないみたいなので注意して下さいね。

この写真すごくうまく撮れてる…

どんだけ交換してないねん!

オイルが抜けきったら、ガスケットを交換してからドレンボルトを取り付けします。


古いガスケットは完全につぶれてしまっていたので取り替えするつもりで購入したのは正解でした。(;・∀・)


ドレンボルトの締め付けトルクは、29Nm(3.0kgf・m)となっています。ちなみに私はトルクレンチを持っていないので適当です!

じつはこの辺りからオイルが漏れてた…

次はオイルフィルターを外します。オイルフィルターはオイルパンの後ろにある、お風呂の排水口みたいな形をしたやつがそうです。こいつのレンチサイズも17mmです。

カワサキ車のオイル交換ってめんどくさいよね(゜_゜>)

ここを外すときもオイルがけっこうな量出てくるので、ここでもオイル処理パックを下に置いておきましょう。

まだ使えそうだね!

取り外したオイルフィルターはこちら。

カバー

オイルフィルターとワッシャーとスプリング

最後に軸が抜ける

上から順番に、カバー・オイルフィルター・ワッシャー・スプリング・軸・底蓋となっているので、すべてバラバラにしていきます。

底蓋

 底蓋と軸の部分にはパッキンが入っているので、これを取り外します。



パッキンを外したら、パーツクリーナーできれいにします。


この写真…目に見える!

新品に交換

こいつは切れやすいので注意!

付属していた3つのパッキンのうち、一番大きいのが底蓋用で、一番小さいものが軸用です。


ハンバーガーみたい…お腹すいた~(*'ω'*)

これらのパッキンを交換したら新しいオイルフィルターと一緒に組んでいきます。オイルフィルターのボルトの締め付けトルクも決まっていて、規定値は20Nm(2kgf・m)です。


もちろんトルクレンチを持っていないのでテキトーです。あぁ~トルクレンチ欲しい~。


オイルフィラーキャップ

ここまでで古いオイルの抜き出しとオイルフィルター交換までが終わったので、新しいオイルを入れていきます。


そんなに入れないで♡

ゼファーのオイルを入れる量は、オイルフィルター交換時が4.1Lでオイルフィルター交換無しの時が3.8Lです。


オイルの点検窓の横に5.0Lと書いていますが、これはオイルパンまで取り外した場合の全容量のことを指してますから気を付けて下さいね!カワサキ車はまぎらわしいね。


意外と交換しない場所かも

それと、先ほどのパッキンセットで残った真ん中サイズのパッキンは、オイルフィラーキャップ用なのでこの部分も交換しておきましょう。


ぴったり(; ・`д・´)キリッ

オイルを4.1L入れると、点検窓の上限の線を越えてくるので心配になるかもしれませんが、エンジンをかけてオイルポンプを回してやると、エンジン内で潤滑されるので大丈夫です。


エンジン停止後に上限から下限の線の中におさまっていれば、オイル交換は完了です!マフラーを戻すの忘れないでね!!



まとめ。

大事に乗ってこのメータを1周させて0Kmに戻したいと思ってる

今回オイル交換したのが45,793Kmなので、次回は48,000Kmぐらいで交換ですね。


高いオイルで距離を乗るより、安いオイルでマメに交換するほうがいいそうなので、作業がめんどくさいカワサキ車ですが、きっちり管理していきたいと思います。


ではでは、また。





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿