RooKieのレザーパンツを購入したのでレビューしてみた。


どうも、でかじよーです。


バイクに乗る時の正装として、レザーパンツを購入しました。




レザーパンツについて


昔からライダーはレザーパンツを好んで履いていますが、カッコいいというファッションだけで人気があるワケではなく、バイク乗りにとって重要な魅力を備えた機能を持ったもものなんです。


・安全性が高い

化学繊維素材のものだと転倒して滑ると摩擦によりすぐ穴が開いてしまいますが、レザーパンツは耐摩擦能力が抜群に高いので転倒による擦り傷や切り傷から身を守ります。


また万が一にバイクの下敷きになった場合でも、レザーパンツは耐熱性も持っているのでエンジンなどの熱から身を守ることが出来ます。



・滑らない

バイクのシートは滑りやすいので加速や減速などのたびに腕や足などに負担がかかってしまいます。レザーであれば表面の摩擦抵抗により滑る心配がないため下半身が安定するというメリットがあります。


バイクの操作の重要な場所は下半身部分に集中しているのでライディングポジションが安定し体の負担を軽減することが出来ます。



・耐久性が高い

レザーは長く使えるというのも魅力の一つです。レザーをメンテナンスするためのブラシやオイルなどを定期的に使い、保存する場所させよければ十年単位で平気で使うことが出来ます。



Rookie製レザーパンツ


レザーパンツはRookieを選びました。本物のカウ(牛)のレザーをきちんと使っているけど価格がそれほど高くないっていうのが決め手となりました。

肉厚(*´▽`*)

また、ゆくゆくはカドヤのハンマーブーツにしたいと思いもあったので、ブーツの中にパンツが収まるブーツインタイプにしています。


自分が暑さに弱いこともあって、夏のレザーは無理!(~_~メ)ってことで、春秋冬だけ履くつもりでメッシュ生地にはしませんでした。



影から守ってくれる心強いやつ

バンクセンサーは無いタイプですが、膝の部分に固いカップが標準装備となっています。パンツを履くだけで別にプロテクターを装備する必要がないところはとてもありがたいです。


肉厚2

腰の両脇もカップこそ入っていませんが、生地がより肉厚となっているので安心感が高くなってます。


汗かきポイント

冬でも汗をかくため膝の裏の部分がきちんとメッシュになっているのもポイント。


パンツの中の空気が外に逃げないと蒸れますからね!


やさしくして

ウエストはマジックテープで微調整可。最初これの意味がよくわからなかったのですが、生地の伸びが少ないレザーはゴハンを食べた後に、ちょっとお腹が苦しいなぁ~って時にこれがないと大変なんだということを履いてみてはじめて知ることが出来ました。



実際に履いてみた!


はだしなのがちょっとマヌケ

私の身長は176cmで体重は62Kg。

中の生地は優しい肌ざわり♡


ウエストサイズは普段78~82のものを履いているので、メーカーのサイズ表と照らし合わせてLサイズにしています。




実際に履いてみると、ウエストはマジックテープの調整バンドで締めない状態で指が2本程度入るぐらい。ゴハンを食べることなどを考えるとピッタリです。


ヒップからふとももにかけては、割とゆとりがある感じです。


膝はプロテクターのカップの位置がきちんと守りたいところに来るにはいいのですが、カップに厚みがあるせいなのかちょっときつめで、履いた状態だとひざを最後まで曲げるのにちょっと気合を入れる感じになりました。。


レザーがなじんでくれば違和感がなくなるかもしれませんが、私と同じ体型であればもうひとつ上のLLを選んだほうがいいかもしれません。(ただひざ以外はほぼぴったりなので悩むところではありますが…)



まとめ

イケメンが立ってる(*´з`)

レザーパンツを履いて愛車ゼファーを運転してみました。


今まではワークマンのジーンズの下に、パワーエイジのプロテクターを付けていたのですが、レザーパンツになったことで一番感じたことは…



安心感が違うってことです!



転倒時にぶつけやすい膝や腰の生地が厚いってこともありますが、その他の部分もジーンズに比べると段違いに厚みがあって、守られてるって感じがします。


レザーのつなぎを着ているレーサーが、時速200Km以上で転倒しても打撲で済むって話をどこかで聞いたことがありますが、実際に履いてみるとあながち嘘じゃないのではないかと思ってしまいます。


ただ欠点もあります。


レザーパンツは肉厚であるがゆえにすごく重くなってしまうってことです。バイクに乗っているときはあんまり感じませんが、歩きまわる時間が長くなると結構効いてきます。正直はじめて履いてツーリングした日はめっちゃ筋肉痛になりました(笑)


なのでツーリングする場所によっては履かないこともアリかなって思ってしまいます。


それとちょっと寒いってことですかね…。ワークマンの防風防寒ジーンズが性能良すぎってこともありますが、個人的な感想ではインナーを履いていても外気温が8℃以下になるとレザーパンツは寒くてツラく感じます。


ただそんな欠点をおぎなって有り余るくらい見た目がカッコいいんです!


ちょっとお値段も高いですが、レザーパンツはライダーの必需品だと思います。


ではでは、また。





2019年4月7日追記。


愛車のゼファたんを洗車中に、タンクに小さな線傷が出来ているのを発見しちゃいました。(写真はうまく撮れなかった…)


ぶつけたり、擦ったりしたワケではないので、「なんでかな~?」って思っていましたが、線傷のある位置がちょうどニーグリップをしている膝のあたり…


こいつが原因かもしれない…

まさか…って思って跨ってみたら、ちょうど膝の部分のプロテクターを入れる用ファスナーの位置でした。このレザーパンツは、ファスナー部分が隠れていないので強くニーグリップすると、タンクにファスナー部分が接触するのかもしれません!


なので今はファスナーがタンクに当たらないようにするために、パンツ側のファスナーになにか巻くか、タンク側をなにかで保護するかを検討中です。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿