アクションカメラの外部マイクの位置による音の違いについて。

アクションカメラ apeman A80の写真

どうも、でかじよーです。


apemanのアクションカメラを外部マイク化した話の続きです!


関連記事:アクションカメラ apeman A80を外部マイク仕様に改造しました。



アクションカメラを内蔵マイクのままバイクに取り付けすると、走行中に撮影された音がすべて風切り音となってしまうため、アクションカメラに外部マイクが付けられるように改造をしました。




アクションカメラの改造後、最初は外部マイクを右のサイドカバーの中の配線に固定していました。


(4Kで撮影)


動画を見てもらうとわかるように、マイクを取り付けした場所がエンジンに近すぎたせいか、ほとんどエンジン音ばかり聞こえてきてしまっています。


肝心のエキゾーストサウンドも、実際の音よりかなり高音に聞こえます…。


自慢のヨシムラ4本出しマフラーの音がカメラ越しにもよく聞こえるように、マイクの取り付け位置をもうちょっと後ろにしてみました。



本当はマフラーの出口付近に取り付けしたかったのですが、購入したマイクのケーブルがそこまで長くなかったこともあって、めいいっぱい伸ばしてもこの辺ぐらいまでしか後ろにズラすことが出来ませんでした。



マイクの固定は、シート下に取り付けしてあるETCの線がちょうどいいところを通っていたので、この位置に決めました。


これでサイドカバーの位置よりもマフラー出口に近くなったので、エキゾーストサウンドが良くなるハズです…。


このマイクの位置で走行してみました。


(1080Pで撮影)

先ほどの動画に比べると、かなりいい感じのエキゾーストサウンドになりました。


でも動画を見ていて次に気になってしまったのが、走行中の画像の振れです!



アクションカメラの角度を調整出来るようにするために、アクションカメラの防水カバーの下に、3つの付属のアクセサリーを組み合わせて取り付けしています。



この状態にミラーに固定するためのZ型のステーの長さも加わるため、カメラがちょっとしたことで振れやすくなってしまっていることが原因っぽいです…。


マイクで拾える音質はだいぶ良くなったので、今度は動画の振れを抑える方法を考えてみたいと思います。


アクションカメラとの闘いは続く…



ではでは、また。



次の記事
GSX250Rのブレーキレバーとクラッチレバーを交換しました。

関連記事
GSX250Rのオイル交換(カストロール)をしました。

0 件のコメント :

コメントを投稿