イナズマ400に中国製アクションカメラ・apeman A80を取り付けしてみました。


どうも、でかじよーです。


最近、取り付けされている方がだいぶ増えてきた気がするアクションカメラ。
私もちょっと興味があったので、購入してみました。


関連記事:中国製バイクインカム・T9Sが安かったので夫婦2台でのツーリング用に購入してみました。




apeman A80について。

アクションカメラ初導入ということで比較的価格が安く評判が良かった、apeman A80という中国製のものを選びました。


このアクションカメラのすごいところは、価格が8,480円と一万円を切る価格にも関わらず…


・4K高画質(4K24fps)
・手振れ補正付き
・視野が170度と広いこと
・うれしいバッテリー付き
・wifi対応
・防水30m


という内容が標準装備されているのです!


画質については、youtubeにたくさんupされているので何個か視聴してみましたが、そんなに悪くなさそうでした。


apemanのアクションカメラは、このようなバックに入った状態で届きます。




中身はきれいに整頓されていてホントに、中国製なの!?って感心してしまいました!
カメラとかの細かい部品で、使わない時の付属品は保管する時にいつも悩んでしまうので、このような収納バッグがあると助かりますね。


箱から全部出してみました。


中に入っていたのは…


・カメラ


サイズはかなりコンパクトです。


持った感じもすごく軽いので、ヘルメットに付けても首への負荷は少なさそうです。


・防水ケース



これにカメラを入れると防水30mとなります。
ちなみに防水30mは、洗顔などがOKの生活防水ぐらいという意味です。


ただ防水カバーに入れたままの充電は出来ません!


・説明書



日本語の説明書も後ろの方に載っています。
翻訳がすこし怪しい所があるのと、説明が足りていない気がしますが、読めばなんとなくはわかります…。


・カメラ用のアダプタ



写真のものが全部ではありませんが、ハンドルに取り付けするようのアダプタや、ヘルメットクリップやヘルメットクリップ取り付け用のアダプタなどが付属しています。


この付属のアダプタを組み合わせて、カメラを取り付けします。


・その他

その他の付属品として、


・充電用のUSBケーブル
・レンズを拭く用のクリーナー(メガネ拭きみたいなやつ)
・固定用のインシュロック


が一緒に入っていました。






apeman A80をイナズマに取り付け。


買ったアクションカメラを、私の愛車・イナズマに取り付けしてみました。


このアクションカメラは最初から車体に付けるつもりだったので、走行しながらUSB給電を出来るようにも加工しちゃっています。


イナズマに取り付けするに当たり、まず最初に悩んだのはアクションカメラの位置です!


ハンドルに取り付け出来る付属のクランプに、前後左右に調整出来るアダプタを取り付けして、位置を探してみました。


最初はハンドルの左側に取り付けしてみました。


この位置だとメータへの干渉もなかったので、イケるかな…って思っていたのですが…


これだとレンズの位置が、完全にソッポ向いています…。


ハンドルが途中から手前方向に曲がってくるので、レンズの角度はこれ以上前方向には向けられそうにありませんでした。


続いて右側。


こちらも途中まではイケる!って思っていましたが…


シートに座るってみると、完全にタコメーターにアクションカメラがかぶってしまいました。


ハンドルクランプ式だと左右どちらも取り付け出来ないことが判明したので、別の方法で固定することにしました。


使ったのは、このZ型のステーです。


ホームセンターで200円ぐらいで売っていたこのステーを…


ミラーのこの部分に取り付けし…


この上に前後左右を調整できるアダプタを取り付けしたアクションカメラ乗せてみました。


シートに座った状態の写真。
メータにアクションカメラが被っていません。


それにこの位置だとレンズの向きも、きちんと車体の正面をとらえることが出来ます。


位置が決まったので、次は走行中にアクションカメラを給電出来るように加工します。


先ほども書かせてもらいましたが、防水カバーにいれた状態では充電出来ません!


ただ説明書をよく読むと書いてあるのですが、電源を供給したら録画ONして、電源が無くなるとOFFするという設定が出来るらしいのです。


このアクションカメラはツーリングの記録としても使いたいのですが、ドライブレコーダーのような使い方も考えているので、運転中は常に録画状態としたいし、走行前や走行後のたびに録画を運転・停止するのはめんどくさい…それに長距離を走るときにバッテリーを何個も持ち歩くのはめんどくさいなぁとのことから、エンジンをONにした状態で電源を給電出来るように、防水カバーを加工することにしました。


USBのケーブルを差し込むところだけ穴を開けるため、大体の位置をマーキングします。


後はドリルでひたすら穴を開けていきます。


穴開けが完了したら、エアスプレーでプラスチックの切りくずをとばして…


加工終了です!


この加工をすると防水機能は完全になくなるので、もし真似をする方は自己責任でお願いしますね。


ただこの改造をしてみるとわかるのですが、バイクに乗る前に毎回充電して、アクションカメラを取り付けしたら角度を調整して…などがなくなるので、便利なことがわかると思います。



後は取り付けしてあったUSB電源から電源を取り、アクションカメラへとつなげば取り付け完成です。


長かったUSB電源ケーブルは丸めてZ型ステーに固定しました。



まとめ


アクションカメラ取り付け後、走行テストをしてみました。


初回ということで、FHD/60fps 手振れ補正有りで撮影です。


バイクに付けるには、内蔵マイクでは使えない!って言われていましたが、本当に風切り音がひどかったです。


また手振れ補正をONにしても、細かな振動を拾ってしまっています。


内蔵マイクについては、外部マイク化の改造は必須ですね!


それと振動については取り付け場所を検討する必要があるかもしれません…。


まだ取り付けして間もないので、これからいろいろと試してみてまた報告しようと思います。


ではでは、また。



次の記事
GSX250R DAYTONA(デイトナ)のマルチバー(マスタシリンダークランプ)を取り付けしました。

関連記事
イナズマ400 DAYTONA(デイトナ)のUSB電源を取り付けしました。

0 件のコメント :

コメントを投稿