【2018年】DCMホールディングスの株主優待が届きました。

DCMホールディングス株主優待の写真

どうも、でかじよーです。


2018年のDCMホールディングスの株主優待が届きました!


関連記事:お金を貯められない!を改善したいなら「小銭貯金」から始めるといいよ。



DCMホールディングスの株主優待について


DCMホールディングスは、DCMダイキやDCMカーマ、DCMホーマックなどを傘下にもっているホームセンター業界首位の会社です。

株探から引用

株主優待が人気だということもありますが、浮き沈みの激しいホームセンター業界のなかでも、毎年少しずつでも成長していっていることから、過去5年間の株価は右肩上がりな会社です。


この株主優待は、DCMホールディングスの決算である2月時点で、最低単元である100株を持っている株主のところに送られてきます。


株主優待の内容は、自社の製品2,000円となっていて、毎年内容が変更となっています。


ちなみに2017年は…




という内容でした。


私は2014年12月ごろに優待目的で株を購入したので、かれこれ今年で4回目の優待となります。


このころから比べると株価も2倍近くになっているし、株主優待ももらえるしで、手放せない株のひとつとなっています!






2018年の株主優待の内容を紹介


それでは2018年の優待を紹介したいと思います。



毎年送られてくる箱が小さくなっている気がするのは、気のせいでしょうか…。


4年前はバスマットの大きいのが入っていたんですけどね…。



こちらが箱の中に入っていたものになります。



・泡ハンドソープ


これはちょうど切れかかっていたので、とても助かりました!


こんな感じで、絶対に使う消耗品が入っているとうれしいですよね。



・透明梱包テープ


よく宅急便とかで送られてくるダンボール箱に貼られているテープですね。


うちでは使うことがないので、これは子供のバザー行決定です!



・保存容器


開け閉めが簡単で、密閉性が高く湿気にも強いとのことです。


ただ嫁ちゃんに見せたら…「いらんわ!」とのことだったので、これもバザー行です。



・冷凍保存バッグ


冷凍保存用のバック(Mサイズ18枚入り)。


これは嫁ちゃんが使うとのことなので、渡して終了です!



・ペーパータオル


なににでも使える紙タオルです。


これは、私のバイク整備用として使うことにしました。



・リビング用ウェットシート


うちは猫もいるし、この時期はだしで歩くことも多いので、こーゆーものはホント助かります。


これで一生懸命、床掃除頑張ります!



・洗濯ネット



これもタイミングバッチリ!


ちょうど買い替え時だったので、このままこいつを使います。



・スリムバスタオル


バスタオルとしてはサイズが微妙でした…。


でもうちら夫婦はよく日帰り温泉にいくので、そのときのバスタオルとして使う予定です!


2018年の優待の中身は、この8点でした。



まとめ


実は、毎年この優待が届くのを楽しみにしています。


届くまで中身がわからないこともそうなんですが、そんなに重要じゃないけれど日常でそれなりに使う消耗品が届くってことも、結構うれしいんですよね!


株のことを、怖い…とかよくわからんからやらないって方が今でも多いように感じます。


株主優待は、よく副産物とかおまけのようなものだって言われていますが、低金利の銀行に預けているぐらいなら優待目当てで株を買うほうがいいんではないかと私は思っています。


ではでは、また。




関連記事
仮想通貨でお金の常識は変わる!?仮想通貨の今後について考えてみました。

0 件のコメント :

コメントを投稿