価格が手ごろで画質もそこそこ良いと評判の中国製ドライブレコーダー・Vikcamを取り付けしました。

ドライブレコーダー Vikcamの画像

どうも、でかじよーです。


口コミで低価格で画質がいいと話題の、中国製ドライブレコーダー・Vikcamを取り付けしてみました!


関連記事:中国製バイクインカム・T9Sが安かったので夫婦2台でのツーリング用に購入してみました。




Vikcamについて


ここ最近では、ニュースなどでもドライブレコーダーで撮影された動画が使用されたり、youtubeなどでも人気なこともあって、かなりドライブレコーダーの普及が進んできたように感じます。


じつは私も、かなり前から取り付けをしてみたいと思っていたのですが、国産の製品で画質が良いものは…びっくりするくらい、高い!ですよね…。


ケンウッドのものなんかは、めっちゃ画質はいいんですけどね!


でもそもそもどこまでの機能が必要なのかを考えてみて、私の欲しい機能としてはあがったものは…


・事故の時に、どのような状況で起きたのかが録画されていること
・信号の状態がきちんとわかること
・昼でも夜でも撮影されていること
・ナンバーがそれなりに写ること


の4点でした。


ではこの機能を満たすもので安いものはないのかどうかを、いろいろ見ているみると…


最近の中国製のドライブレコーダーは、意外と画質がいいらしいとの情報にたどり着きました。参考記事:みんカラ


その中でもVikcamは画質が良いと、口コミで評判になっているように思いました。


実際にyoutubeで画質を確認してみたところ…
他の中国製に比べるとかなり画質は良いように感じました。


昼と夜のどちらでもきちんと撮影出来ているし、信号の状態(LED含む)もちゃんと確認出来るし、ナンバーも走行中は難しいそうですが、停車中であればきちんと写っていました。


正直、この動画を見た時点でこれで充分じゃん!っていう気持ちになっていました!


しかも、タイミングがいいことにこのVikcamを調べていた時に、アマゾンでタイムセールで安くなってということもあって、試しに買って見ることにしました。


Vikcamの取り付け


来た箱はめっちゃチャイナ製っぽいつくりです。


説明書の日本語の翻訳もかなりおかしい…。


箱の中身は、この5点のみです。


・Vikcam本体
・シガライターから電源を取るためのコード
・USBから電源をとるためのコード
・取り付け用のベース×2(大きさが違うものがふたつ)


Vikcam本体は、手の平サイズぐらい。
他のドライブレコーダーに比べると、すこし大きいです。


取り付けはとっても簡単でした。


まず、Vikcam本体を取り付けするためのベースをフロントガラスに貼り付けます。
私は薄いほうのベースを使用しました。
どちらを使うかは車種のガラスの傾斜によって変わってくると思います。


ベースには両面テープが付いているので、位置が決まったら貼り付けを行います。


貼り付け後の写真。
車検証のシールが真ん中についていたので、すこし助手席側寄りに取り付けしました。


運転席に座った状態より撮影。
取り付け位置が低かった気がする…。


でも特に気にならなかったので、とりあえずはこのままでいきましょう!


電源はシガーライターから取るので、ケーブルを天井の内装そして助手席側のピラーの中と隠すように通しました。


最後に電源を差し込んだら取り付けが完了です。



Vilcamの設定と実際の動画について


Vikcamは専用アプリをインストールし、Wifiにつなげることでスマートフォンからカメラの設定や動画の確認をするとが出来ます。



本体の画像を見ながら本体のスイッチで設定することも出来るのですが、フロントガラスに取り付けした状態だと本体の操作が難しいので、スマートフォンからの設定出来るのはかなり便利だと感じました。


アプリは、説明書についているバーコードをスキャンしてインストールするだけなので簡単でした。




そしてこれが気になる実際の動画です。


はじめての撮影であいにくの雨となってしまいましたが、信号の表示状態もわかるし他車の走行状況も不鮮明なところは感じられません。


ただナンバーの認識は、やはり走行中だと難しいかな?ってところですかね…。
でも停車に近い速度だとはっきりと読めるのでドライブレコーダー本来の目的としては充分かと思っています。



まとめ



ここまでVikcamはvilcamについていろいろ書かせてもらいましたが、一点残念なところがありました…。


それは使えるSDカードが32GBまでということです!


1080Pモードだと、10分で約1GBほどを使用するので、32GBだと多分320分の5時間ぐらいしか持たない計算になります。
この辺はまだ試していないので正確にはわかっていませんが、遠くにドライブに行ったときに気にいった風景があっても、5時間ほどすると消えてしまうことになります。


最近のものは64GBのものを使えるそうなので、ここだけは残念なポイントかなって感じました。


ただ、これだけの性能を持っていて約6,000円台で購入出来るというのは、私のようにドライブレコーダーを付けてみたいけど「価格がなぁ~」って方には、試してみるだけの価値はあるのではないかと思っています。


私もまだ付けたばかりなので、耐久性(真夏や真冬の室内温度や振動など)についてはなんとも言えないところもあります。


でも車を運転していると、何度かはヒヤってしたことがあると思います。
私も何度かありました。


これがヒヤっではなく、本当に事故が起きてもめてしまった場合…最後に証拠となるのは録画された動画だけです。


ではでは、また。



関連記事:お金を貯められない!を改善したいなら「小銭貯金」から始めるといいよ。

0 件のコメント :

コメントを投稿