BATES(ベイツ)の春夏用メッシュジャケットのプロテクターを交換しました。

BATES ジャケットの写真

スポンサーリンク


どうも、でかじよーです。


夏も近づきすっかり暑くなりましたが、バイクライフを楽しんでいるでしょうか。


この時期になってくると、半袖のTシャツとか半ズボンなんかでバイクの乗られている方を見かけますが、そんな軽装では乗れないビビりな私は、プロテクターが入ったものでなるべく涼しいものを選びたいということから、メッシュのジャケットを購入しました。



購入したのは、BATES(ベイツ)のデニム調のジャケット。


ライダースジャケットって色が黒ばっかりだし、どのメーカーも横並びなデザインをしているのですが、デザイン…そして色の具合も自分の好みだったということもあって、このジャケットを選びました。

裏はメッシュ生地

裏地の素材はメッシュ状になっているので、今の時期でもそれなりに快適です。(でも30℃超えたらツライかも…。)


ただGWごろから今までずっとこのジャケットを使ってみて思ったのは…



「なんかこのジャケット…プロテクターが貧弱な気がする…。」



ってことです。


プロテクターを外してみた

このベイツの買ったジャケットには、脊髄用肩用肘用の3つのプロテクターが入っています。


単なる薄いスポンジにしか見えない…

実際に買ったジャケットのプロテクター部分を外してみると、プロテクターというより単なる薄いスポンジですな(/ω\)


これじゃあ、立ちゴケのスリキズぐらいは守ってくれそうな気がしますが、これじゃ安心してバイクにのれませんね!!!


事故や転倒する前に気付いてよかったよ…(●´ω`●)


そもそも、なんで急にプロテクターの強度について考えたかというと…




嫁ちゃんが普通二輪車の免許を取って、新車でGSX250Rを買ったことがきっかけです!


正直、リターンライダーとして再びバイクに乗り始めた時はあんまり真剣には考えていなかったのですが、初心者ライダーの嫁ちゃんがバイクに安全に乗れるようにするにはどうすればいいんだろうか?ってことを色々と調べていたら、プロテクターがどのぐらい重要かということに気付いてしまったってこともあります。



なのでこれらのプロテクターを、もうちょっと強度のあるものに交換してみたいと思います。


CE規格品

交換するプロテクターはこちら。




このプロテクターは新しく買ったワケではなく、嫁ちゃんの冬用のジャケットから外しました。

結構派手なジャケット

暑くなってきて嫁ちゃんもメッシュジャケットへと切り替えしたたため、しばらく冬用ジャケットが不要となったので、夏の期間だけ拝借(?)することにしました。

結構固め

脊髄用。

すごく固い

肘用。

これもカチカチやで

肩用。


テクニックのジャケットに標準で付属していたものなのですが、材質が高圧縮+プラスチックコアで出来ているし、CE規格レベル2適合品でもあるので、ベイツのぺらいスポンジプロテクターより防御力は高そうです(*´ω`*)


しかも運のいいことに、プロテクターのサイズはほぼ同じ。ジャケットのプロテクター用のポケットのサイズも決まっていたのでうまくいくか不安でしたが、交換自体はなんの問題もなく完了しました。



プロテクター交換後にジャケットを着てみたところプロテクター自体に厚みと重みが増えたことので、最初はずしっとしていて着心地が悪くなった感がありましたが…着てみると鎧をまとっているかのような気持ちとなり、安心感がグッと増した気がしました!



このプロテクターが付いていると、実際の事故の時にどれぐらいダメージを吸収してくれるのかわかりませんが(試してみたくもありませんが…)、バイクを運転する上での不安要素が小さくなったことは心の余裕にもつながりそうです。



もしジャケットのデザインは気にいっているけどプロテクターの強度がな…って思っている方がいたら、思い切ってプロテクターをより安全なものへと交換してみるのもいいと思いますよ!



ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿