イナズマ400 タイヤ(ダンロップSPORTMAX ROADSMARTⅢ)交換をしました。 

イナズマ400のリアタイヤの写真

どうも、でかじよーです。


イナズマ400の前後タイヤを交換しました。


関連記事:イナズマ400 フューエルタンクのエンブレムを取り付けしました。



取替前に付いていたタイヤは、ダンロップのSPORTMAX GPR-200。



前後共に同じ銘柄のものです。


リアタイヤは若干ひび割れしていますが、スリップサインまではまだまだあるのでもう少し使えそうな感じだったんですが…


フロントはスリップサインギリギリ(1~2mm)。


中古で買った車両なので、前回のタイヤ交換がいつ行われたも何Km程度走行したかもわからないってこともあるし、多少タイヤがダメでもカバーできる車と違って、バイクはタイヤによって走行面や安全面に大きく影響してくるので、前後共に交換してしまうことにしました。


そしてタイヤ交換するに当たって最も悩んだこと…それが、タイヤの銘柄選びです。


リターンライダーとして約20年ぶりにこの世界に帰ってきたワケなのですが、過去そして現在のバイクライフを含めても、バイクのタイヤを交換するということが実は初めてだったりします…。


ネットなどで調べてみると今付いているタイヤの仕様は、どうやら街乗りからツーリング用のものであることがわかりました。
今はGPR-200というモデルは無いので、ダンロップカタログで同等程度のもので交換するなら、ダンロップからSPORTMAX GPR300という後継モデルを選ぶのが正だと思われます。



ただ、今まではコーナー…特に右コーナーで深く車体を倒そうとすると滑った?なのか滑りそう?っていう感覚がしていて、スロットルを開けられないという悩みがあったのですが、タイヤについて調べていくうちにもしかしたらタイヤのグレードをあげればこれが改善されるかもしれない…と思ったので、今のものよりはスポーツに近いものを選ぶことにしました。


最終的にイナズマ400に合うサイズの中で選んだのは…


ダンロップのSPORTMAX ROADSMART3です。

  
GPR-300よりスポーツ向きで、ツーリングスポーツ的な位置づけのものをチョイスしました。



こちらが取替後のフロントのタイヤです。



こちらが、リアタイヤ。


いや~、トレッドパターンも変わったので気分も変わりますね!


なによりケバケバ(あの新品のタイヤの突起物ってなんていうんでしょう?)があるタイヤが付いたバイクに乗るのが初めて(つまり新品のタイヤに乗ったことがないってこと!)なのでちょっと浮かれています。


そして変わったのはこれだけではありません!


まだ新品タイヤの慣らし中ということもあって、流す程度で走ってみたのですが…


すごく走りやすくなっているのです!!


今までは路面に段差があるとそのギャップのすべてを受けているような不快な乗り心地があったのですが、それがかなり緩和されています。また、今までは走行中にハンドルから両手を離すとハンドルが左右に細かく振動していましたが、これも改善されました。


どっかの記事で…


タイヤ交換は大掛かりなカスタムのように後戻り出来ないものではないので、たとえ新たに試した銘柄が好みでなくてもすぐに慣れるし、そうでなくても数千キロでまた交換してしまう消耗品である。気軽に試せるバイクのカスタムだと思っていくつか試してみるのが良い。


…なんて書いてあったのを思い出したんですが、ホントにタイヤひとつ(正確には2つ)でここまでバイクの性格が変わるんだって実感することが出来ました。


右コーナーでネックとなっていた部分が改善されたかどうかは、まだ慣らし中ということもあって同じ速度で走行出来ていないので、慣らしが終わってから試してみたいと思っています。


ではでは、また。



次の記事
初心者ライダーの嫁ちゃんがGSX250Rを新車で買ったハナシ。

関連記事
ばくおん!!の聖地巡礼ツーリングをしてきました。(10巻69話おんがえし!!千葉県南房総市小松寺)

0 件のコメント :

コメントを投稿