イナズマ400 フューエルタンクのエンブレムを取り付けしました。

イナズマ400の写真

どうも、でかじよーです。


先日フューエルタンクがべっこり凹んだので補修をしました。


関連記事:イナズマ400 べっこり凹んだフューエルタンクが修理から帰ってきました。






この時にタンク丸ごと塗装をしてもらったのですが、補修が終わった後タンクを受け取ったら、エンブレムはついていませんでした。


板金に出したのがバイク専門ではなかったので、エンブレムを付けられていないこと自体は全然気にしていなかったのでいいんです…。


でもタンクにエンブレムが無いのはさびしいし、なんだかカッコ悪い気がします…。
なによりエンブレムが無いと、ただでさえマイナー車であるイナズマ400のアイデンティティが無くなったような喪失感があります…。


せっかくの機会なので、イナズマ1200CCのようにSUZUKIのエンブレムにしようとも考えましたが…。


自分的にいまいちしっくりこないのです…。


やっぱりイナズマ400にはINAZUMAのエンブレムが一番似合う…ということで、タンク補修前に取り外したエンブレムを、もう一度取り付けすることにしました。


左側のエンブレムはコケた時にすこし損傷しているのですが、そこは自分が所有した間の傷なのであんまり気にせず、自分歴史としてこのまま取り付けを行います。


エンブレムを取り付けするにあたって一番問題となったのは、タンクのどこにエンブレムが付いていたかということです!


過去に自分で撮った写真やネット上にある画像を参考に、マスキングテープで位置をなんども仮決めしながら確認を行います。


この位置決めがホント時間がかかりました…。


一時間ぐらい悩んだかなぁ…。
変なところに付けたり、左右非対称だったりするとめっちゃカッコ悪いですしね…。


それでもタンクのここから何cmとか基準があるとホント助かるなぁなんて考えながら、も、自分で納得出来る場所を見つけたらマスキングテープでエンブレム位置をマーキングします。


左右ともに同じようにマーキングをします。


上のふたつの画像が仮決めした位置です。


多分ここが純正位置と思われるのですが、イナズマ乗りの皆さんどうでしょう…!?


マスキングテープで位置決めが完了したら、エンブレムの裏面に外装用の両面テープを貼り付けしていきます。


ちなみにエンブレムの貼り付けに使用したのは、エーモン製のエアロパーツ用両面テープです。


一度貼り付けしたらもう取れないじゃないかってぐらいに強力にくっつくので、少し価格は高いですが、今回のエンブレムのように落ちたら困るようなものを貼り付けするのにとても効果が高いと思います。


両面テープを貼り付け後、マスキングテープで決めていた位置にエンブレムを貼り付けします。


その後、両面テープが完全にくっつくようにマスキングテープで粘着面をしっかりと抑えます。


エーモンの両面テープは、粘着力が高いのでこの工程はあんまり必要なさそうな感じがしましたが、雨や汚れが付く場所でもあるので念には念をいれてしばらくこの状態で固定しました。


で、半日ほど固定してマスキングテープをはがせば完了です。


やっぱりタンクにエンブレムが無いより、ある方がカッコいいね!


最後にエンブレムの浮きや隙間などについては、エンブレム貼り付け後にちょっと走行したのですが今のところ気になるようなことはありませんでした。


ではでは、また。



次の記事
イナズマ400 タイヤ(ダンロップSPORTMAX ROADSMARTⅢ)交換をしました。 

関連記事
バイクガレージカスタム!ツール(工具)を使いやすいように整頓してみました。

0 件のコメント :

コメントを投稿