イナズマ400 ETCを取り付けしました。

バイク用ETCの写真

どうも、でかじよーです。


イナズマにETCを取り付けしました。



過去の記事でも書いたんですが、NEXCO東日本でETC2.0助成キャンペーンなるものをやっていたので、最初はETC2.0を取り付けしようと思っていました。


ただ…この助成を受けるにも条件があって…


まずETC2.0を助成金で取り付け出来るのは一部地域のみ(圏央道の新しい道がつながったことによるキャンペーンのため)なので、もし助成金を受けて取り付けしようとした場合、私の住む場所からだと70Km先にある船橋というところに行かなければなりません。


それによくよくETC2.0の内容について調べてみると、


・圏央道がさらに安くなる(2割引き)
・渋滞回避で一旦下道に降りてから再度高速に乗っても料金が高速道路を走ったままと同じ料金で済む
・渋滞回避ルートを選択すると高速料金が安くなる
(ただし、ETC2.0連動ナビがないと渋滞回避ルートを教えてくれないみたい…)


とかなんで、圏央道にあまり乗らない・バイクなんで渋滞あんまり関係ない!・ナビなんて付いてないYo!!の3無い運動中の私には必要のない機能となっていることが発覚しました。


それにETC2.0の付いた機器って、機能がUpした分ちょっと値段も高くなってるんですよ。


たとえば、助成金の受けられる2りんかん船橋でETC2.0を取り付けした場合は…


取り付け工賃込みで、34,302となります。


ここから10,000円の助成が受けられるので、実質24,000ぐらいになります。


ETC2.0じゃない通常のETCでアンテナ分離型を同じ2りんかんで選んだ場合…


価格は、27,844円と、助成金で10,000円引かれた金額と3,000円しか差がないんです。


3,000円の差でわざわざ遠いところまで行って、なおかつ必要のない機能の付いた機器を取り付けする…というのも馬鹿みたいだと思ったので、うちから近いバイク用品店で
ETCを取り付けすることにしました。

こいつをつけるよ!

選んだのは上の画像でも紹介した、ミツバ製のMSC-BE51です。アンテナ分離型で一番安いのは、やっぱりこの機種みたいですね。

説明書はいつも読まない…めんどくさいから

価格の方も、28,800円(工賃込み)と取り付けステーを追加したことを考えても同じような金額でした。

ラーメン食べてる間についちゃった!

そしてこれが、取り付けの写真です。


あんまり変なところに付けて、メーターが見づらくなったり、ごちゃごちゃした印象が出ないような場所を選んだつもりです。

角度を変えるとはりつけにされてるように見える…

カードを差し込む本体の方は、シート下の車検証とかを入れる小さい方の収納側にマジックテープで取り付けしてもらいました。

くぱぁ(・∀・)

本体が薄いんで、ぴったり収まっています。


これで高速道路にもバンバン乗れるようになりました。


アクアラインを使わないと他県に出るのに不便な千葉県(の南の方)に住んでいることもあって、ETCを付けたことでだいぶツーリングするエリアが広くなりそうです。


GWの連休は高速でちょっと遠出でもしよっかな…。



ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿