【パワースポット】坂東三十三番札所 補陀洛山・那古寺を参拝してきました。

那古寺の写真

どうも、でかじよーです。


坂東三十三観音めぐり第2弾!千葉県館山市の那古観音へと行ってきました。



那古観音について


那古寺(なごじ)は、真言宗智山派の寺院です。


坂東三十三観音札所の第三十三札所と最後の場所なので、結願寺とも呼ばれています。


創建は養老元年(717年)に行基が海中より得た香木で千手観音を刻み、ここに一宇(一つの建物という意味)を建てて祀ったのが始めと伝えられています。


本尊は千手観音菩薩です。



アクセス

住所:千葉県館山市那古1125
TEL:0470-27-2444





いざ那古観音へ!


観音がある場所は人里離れた所に多いのですが、ここ那古観音は館山市の住宅街にあります。



観音堂への入り口はいくつかありますが、トイレの横の入り口から観音堂に向かいます。




入り口からすぐに里見桜という桜があったのですが、ちょっと来るのが遅かったようで満開とは行きませんでしたが、それでもとてもきれいでした。



仁王門。



坂東三十三霊場であることを刻んであります。



仁王門を過ぎたところにある阿弥陀堂。


その隣にあるのが、多宝塔。千葉県有形文化財になっています。


普段内部を見ることは出来ないのですが、特別開帳の時期には内部を公開しているそうですよ。



観音堂。


坂東三十三番札所になっているだけあって、かなりの参拝客で賑わっていました。


また地元の方の集いの場所にもなっているようで、観音堂の前では井戸端会議をしていたり子供がゲームをしていたりと、ほのぼのとしています。



観音堂へは土足厳禁なので、入口で靴を脱ぎます。



観音堂の向かって左側の扉から中へとへ入れます。


観音堂の中は撮影禁止のため写真がありませんが、中はちょっと薄暗くなっていて千手観音菩薩が鎮座していました。



そして参拝が終わって観音堂の周辺を歩いていたら、お寺の関係者の方からこちらのお供物なるものを頂きました。


ちょうどなんとか供養(針供養って言っていた気がする…)の日だったらしく、こちらのお供物を参拝客に配っていたようです。



ちなみに中身はこちら。
砂糖で出来たお菓子です。


子供と嫁ちゃんに食べてもらいました。



観音堂の次は、龍王堂です。





観音堂の脇の階段から、展望台まで行けるようなのでちょっと行ってみました。




下から見ると大したことないと思っていましたが、いざ登ってみると階段の角度は予想よりきつかったです。




息を切らしながら登ること約300m。


展望台に到着です。



ここからは館山の町並みと海が一望出来ます。


こーゆー景色を見てると、自分の無力さみたいなものを感じるんですが、私だけでしょうか…??


そして最後に本坊をパシャリ。




結び


以上が、坂東三十三番札所の那古寺でした。


これで坂東三十三観音めぐりも2箇所目となります。


まだまだ先は長いですが、お付き合い頂けると幸いです。


ではでは、また。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿